2020年5月16日

3日前の午前3時頃、本を読んでいるうち寒気を感じ、布団をかぶるも寒さは収まらず

パジャマ、はんてんを着、片付けてあった電気毛布も使用

室温は25度、つい先程まで下着で布団を腹にかけ、窓も開け快適だったのに

寒さに震えることは無くなったが、腹痛もあり体調はよくない

体温36度9分、吐き気は無い、が体が重く起きるのも辛い

午前6時、歩くのも難儀で家内の運転で藤田医科大学岡医療センターへ

レントゲンやCTその他検査

その結果、肺炎と38度と熱も上がり入院した方が良いと

実は、その数日前掛かり付けの医院で肺炎と診断、通院してましたが、そのときはずっと平熱でコロナはあまり心配しなくて良いとのことでしたが・・・

ストレッチャに乗せられ病室へ行くと、点滴チューブと電線に繋がれる

夕方には、PCR検査を受ける
DSC_0387

もし、コロナだったら・・・感染が心配・・・

検査結果を待つと、不安は益々大きくなる

翌日には陰性と分かり、一気に気分も体調も軽くなりました

しかし、まだ二日間は様子を見るため病室から出られません

ちなみに、ここはダイヤモンドプリンセス号の乗員乗客126名を受け入れた病院

現在コロナの患者はおらず、私のような状況の患者がこのフロアに三人いるとのこと

入院した病室は隔離された状態で、ロックされた部屋から出ることも面会することも出来ません(コロナの影響で、今は病名に関係無く面会出来ない)

持物や家族に頼んだ物も、全て消毒されて看護師さんから渡されます

本は消毒できないので却下される

食事は使い捨て容器、トレーは使いません
DSC_0377

簡易トイレ、使い捨て洗面器などは、溜めないよう使う度に取り替えてくれます
DSC_0380

DSC_0383

しかし、部屋を出入りの都度マスク、フェイスシールド、ゴム手袋、ビニールの防護服?など脱着、私の病室だけじゃないので大変でしょう

24時間、点滴チューブと電線に繋がれ、ベッドから離れることもできませんが、世話をかける身としては愚痴も出ません

今のところ、体調は良好で来週には退院できそう

緊急事態宣言も解除されたことだし、退院したら飲みに出掛けたいところですが、まだまだ我慢せねば



日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ