2020年1月31日

昨日ようやく船底の下地調整が完了し、水洗いを済ませました

今までのゴーグルは防塵マスクと干渉し隙間が出来、役に立たず

塗料粉で、目の痛み目ヤニには参りました

今度はスイミングゴーグルに変更
DSC_0056

それと、不要になったパジャマから切取った片足を被る

かなり怪しいけど防塵効果は完璧

目や顔の汚れから解放されました

ただし、陸で使うせいかスイミングゴーグルが、やたら曇る

唾を使ってもイマイチ

そういえば、ダイビング中に曇ったとき、海水をマスクに少し入れ曇りを取った

早速、水を少し入れ着用

やってみると、スイミングゴーグルは全く曇らず完璧

ところで、今日は船底の塗装とペラ塗りですが予定変更

明日から2日間、琵琶湖へ行く予定です

下塗り中塗り上塗りの乾燥時間は、早すぎても遅すぎてもマズい

なら、船体のバフ掛け作業という手もありますが、昨日の下地作業で足も腕も肩もがガタガタ

とてもじゃないけど、キツくて危ない(高所なので)バフ掛けなんてできません

ということで、週明けに持ち越しです

一方ウインドベーンの方は、ロープ取り回しが九割がた完了
DSC_0039

ウインドベーンからロープをラットまで引き込む経路は色々あるようです

元々このウインドベーンを取付けていたヨット白鷲さんに倣って、トランサムを貫通しコクピットへ引き込むことにしました

オリオンのトランサムはロッカーになっている

その間に別の空間もあり、穴をあけたままでは水がキャビン床下に入ってしまう
DSC_0050

ということで、トランサム―からコクピットまでアルミパイプを貫通させてロープを通しました

見難いけど、ロッカー内を通るアルミパイプ
DSC_0051


トランサムから
DSC_0041

コクピットへ
DSC_0061

径は35ミリ、もう少し径を大きくしようと思いましたが、手持ちのホルソーで適当なサイズが35ミリだったので

アルミにしたのは、サビを嫌ったから

パイプはロッカー底部を通るので収納物の出し入れに支障ない

ロッカーからラットの真下まで、床上5センチほどをロープが通るので足を引掛けそう

何かガードを考えねば

ラットのスペーサーは、現物合わせでラットを業者に渡すので碧南に帰ってから製作予定です


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ