台湾クルーズの航跡は「ようこそLARGO靴悄http://largo3.sports.coocan.jp/で見られます
AISソフトでオリオンを検索するMMSIは431012706です

2019年9月12日 (木) 曇りのち晴れ

大分県 別府北浜ヨットハーバー→山口県上関室津港

6:20 別府北浜ヨットハーバーを出航

居心地の良い泊地だったので離れ難いです

波浪注意報が出ていた通り、海上に出ると真向いの波が高い

東寄りの風が徐々に上がり、みかけ7〜8m

メインセールのみ出して機走、速度は5ノット前後とまあまあ

入れ違いに、大型客船バイキング オリオンが入ってきた
P9130004


湾口周辺は多くの本船がアンカリングしており、その間を抜けていく

それほど風は上がってないのに、次第に波が高くなり白波も多くなってきた

すぐ東の豊後水道で海上風警報が出ているので、その影響か

水深が20m弱しかない海域が続き波が悪いので速度が4ノットほどしか出ない
P9130010

進路を風下へ落として、速度5ノット前後に戻す

以前乗っていたカタリナ30だと、この波では随分スプレーを浴びることになるが、ナウティ321ではスプレーを浴びることが少ない

11:30 国東半島を抜けた辺りから、波が収まり進路を戻す

天気も良くなり、乾いた風が気持ち良い
P9130015

15:00 上関大橋の前でセール収納

大橋に差し掛かると、前方からタグボートが来た
P9130019

大橋の航路は狭く、タグボートの半端ない引き波もあるので速度を落とし待機

大橋を抜けたタグボートが拡声器で、「ありがとうございます」と礼を言って通り過ぎてゆく

速度の遅いヨットでは航路を譲ることは、しょっちゅうですが礼を言われたのは初めて
P9130020

気分よく大橋を通ると、すぐに室津港の入口です
P9130021

16:00 室津港に到着
P9130022



別府北浜ヨットハーバーから62マイル 9時間40分でした
P9130023

波を避けるコースなので航行距離は予定より多くなりますが、それにしても先日からGPSの航行距離がやけに多い感じです


平均5ノットくらいと思うので、GPSの距離計に何等か問題があるかも

港内に入ると水深10mと深い

岸壁は干潮時で高く、とてもじゃないけど上がれない

なにせ、干満差は2m55cm、日本海と大違いです

岸壁の階段部分へ横付けすることに

アンカーローラーからアンカーをぶら下げて、着岸する岸壁へ向け微速前進

着岸作業完了
P9130028

P9130027


岸壁は穴が開いており、アンカーが役立ちます
P9130026


潮まるけのオリオンを水洗いした後、お約束のビールで一息
P9130024

目の前に道の駅があります

夕方覗いてみると弁当が半額になってました
P9130031

徒歩3分、鳩子の湯(600円10月から700円)レストランや休憩所など設備が整ってます
P9130034

湯は透明な湯と、赤いナトリウム泉があり、ゆったりした造りで温泉を堪能できました

明日は松山へ向かいます
P9130039

今回のクルーズ前半でオリオンに同乗されたOさんとの再会が楽しみ



日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ