台湾クルーズの航跡は「ようこそLARGO靴悄http://largo3.sports.coocan.jp/で見られます
AISソフトでオリオンを検索するMMSIは431012706です

2019年9月2日 (月) 雨のち曇

今朝も薄暗い朝で、少々寝過ごした

ラジオが、台風13号発生を報じており、台風の卵が2個あるらとのこと

もう9月だから、いよいよ台風シーズン本番

今年も猛暑だったけど、スーパー台風なんて発生しないでほしいものです

下関まで30マイル弱なので、急ぐ必要もない

7:40 出航

抜錨で船尾からアンカーロープを手繰っていく

すると、3度何か引っかかりつつロープを手繰り寄せる

やはり、生簀の定置アンカーと交差しているらしいが、難なくアンカーが上がってよかった

しかし、すぐにペラからの振動

昨日、入港時に何か引っ掛けたか

大したことないようなので、そのまま港を出る

港を出ると、すぐに雨が降り出しカッパ着用
P9020003

連日の大雨で、漂流ゴミがすごい

覚悟はしていたけど、ゴミの帯がとんでもなく広く、抜けるのに手間がかかる

下関へ向かってましたが途中で気が変わり、宗像大島へ進路変更

週末三日後の木曜日には沖縄へ接近らしいが、場合によってはその頃にもこちらに影響が出るかもしれない

早めに福岡のマリーナへ避難することに
P9020006

10:30蓋井島を過ぎる辺りから南南西8〜9mの風、クローズリーチで久々の帆走

関門海峡を出入りする本船と交錯するようになってきた

雨も上がり風も弱まったので機帆走にしたところ、ブルンブルンとペラの振動が一段と大きくなった

すぐにでも潜ってペラの異物を取除きたいところですが、本船が多いのでそうもいかない

1時間ほど航行し、ここらで潜ろうと素っ裸になると、風が出てきた

2ノットの船足に潜るのを断念

15:00宗像大島の渡船浮桟橋横の岸壁に到着
P9020015

角島から37マイル 7時間20分でした

フェリーなどが近くに着きますが、あまり引き波はきになりません

漁船は隣の船溜まりなので、引き波に関しては安心していられます

P9020010

P9020008

P9020009

さっそく潜ってみると、ペラに土嚢(どのう)袋がしっかりと絡みついてました

パン切り包丁で数ヵ所切り、ようやく撤去

写真中央、水色のやつ
P9020012


三つの食料品店をまわり、弁当と朝食のパンを購入
P9020018

店主が不在の食品店では、地元の人達と雑談

食事のできる店を聞くと、お薦めという店へ定休日にも関わらずTELし、ヨットの人に食事をつくってほしいと

結局、時間がかかるのでお断りし弁当を購入しました

親切な方が多い宗像大島です
P9020001 (2)

明日は、博多漁港へ向かおうと思います


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ