5月17日(金)晴れのち雷雨 雨

日付が変わり、明るい夜ですが次第に雲が厚くなり闇夜に

台湾に接近すると、黒潮帯も抜け波が落ち着くも漁船が多くなり気が抜けない

暫くすると激しい雨と雷鳴が轟く続ける

十数年前、ラピタと三宅島を目指す途中、夜の遠州灘で遭遇した雷を思い出しました

このときは、フネの周りの海面に落雷が飛沫を上げ続け、そのうちに怖いながらも慣れてしまう始末でした

今回は、幸いにもフネ近くに落雷は無く安堵しました

しかし、激しい雨でカッパの中に水が染み体が冷えてきた

周囲は煌々と照明を灯した漁船が多く、気が抜けません
P5170083

1時間ほど断続的に続いた雷も、おさまりホッと一息

でも雨は止まず、ときおり激しく降る

5:20頃になり、ようやく空が白んできた

強かった逆潮は逆に流れ出し、速度が出過ぎる状態に

大きな波に翻弄されて、大揺れです

海面も見えるようになり、流木やブイなどがあっても避けられる
P5170093

台湾沿岸に近寄り航行

波は少し収まった感じ、でもまだ船足が早い

このままでは、先方に連絡してある正午到着が大幅に早まってしまう

セールを収納し、アイドリングでペラを回した状態でも5,5ノット、台湾北部の潮流は半端ない速さです

時間により、潮流方向が逆になる

これが逆潮だったら大変だ、フネが進まない

淡水まで残り12マイル程で、また逆潮にあい機走2,500回転
P5170100

同時に風が上がり始め、真正面から20〜30ノットの強風に

既にセールは収納してあるので、そのままマリーナへ

普通はコーストガードにVHF無線で呼びかけるのですが応答がないそうで、そのまま入港する
P5170104

フルノのGPSでは、これ以上拡大できない

スマホのCmapが頼りです
P5170108

マリーナの前にある赤茶色のコーストガード庁舎
P5170105

庁舎前の岸壁には、既に3人ほどコーストガードが待っており保安署?の前の岸壁に付けるよう指示

12:00少し前に着岸
P5170107

石垣島から188マイル、32時間30分でした


やれやれ、あれほど穏やかだった天候だったのに、最終日はしっかり叩かれました

早速コーストガードから人数その他を質問を受ける、日本語を話す係官です

パスポートや航海計画書を要求される

Mtnetや航海計画などの書類はCさんが既に提出済みです

Cさんはまだ来ておらず携帯に連絡

実は台湾時間は1時間遅いのだそうで、現地時間では11:00少し前に到着してしまったのです

コーストガードにはCさんから携帯で説明していただき、フネをマリーナへ移動
P5170109

フネから出ないよう言われ、しばらく待機です

入国手続きが完了するまで、陸には一歩も降りられません

実際には係留ロープでフネを留める作業はOKです

帰国で日本入国の時も、致し方ないということでOKです

雨の中、Cさんが来てくれ、ホッとしました

この日のために、わざわざ休みを取ってきてくれました

雨も降っているので、Cさんをフネにお招きしてお茶でも

ところが、乗込みは禁止、言われてば確かにそうでした

係官も来、ようやく上陸し保安署へ
P5170111

ここで長い、やり取りを終え

入出国管理はフネに来ずタクシーで役所へ出向きます
P5170114

係官とCさん、長いやりとりをしてます、自分たちだけではどうにもなりません

出国は早朝ですが、前日の届出で良さそうですが、ここまで出向かないといけないようです

こちらはMtnetと違うnet申請が必要だそうですが、この申請は認可された業者しかできないので紙書類で申請となるようです

検疫の係官が来るあいだCさんの案内で、食事に
P5170115


缶ビール3本とボリュームある料理で、どれもおいしい
P5170116

検疫は簡単に完了

肉などは持込めないそうですが、ソーセージやハムもダメ

いろいろ大変でしたが、Cさんの尽力で無事に台湾へ入国できました
P5170120

おまけに、Cさんより乗物やコンビニなどで利用できるカードをプレゼントされました

これから約1週間の旅に大いに役立ちます

Cさんに予約をお願いしたホテルへ入り、ようやく一段落

大きな浴槽のある角部屋のスイートです(Wx2 1部屋2人6,154円)
P5170124

長い一日でした、ふ〜疲れた・・・・
P5170123

Cさん、今日一日ほんとうに有難うございました

明日は、台北を経て九分へ向かいます

愛知県HPから往路航跡イメージ1
往路1

往路航跡イメージ2
往路2






日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ