一日遅れでUPしてます  
台湾クルーズの航跡は「ようこそLARGO靴悄http://largo3.sports.coocan.jp/で見られます

4月15日(月)晴れ  6:20 日和佐港を出航
P4150059

昨夜は一晩中の雨でしたが、今日は気持良い青空が広がってます

海上へ出ると10mと強風ですが、追風なので楽々〜

海から見られる海岸の美しい風景が続きます
P4150062

真追っ手の風でフネがローリング揺れですが、それでも真上りの向かい風より有難い

途中、牟岐大島の入江に立寄りました
P4150069

ここで、錨泊する地元ヨットも多いと聞きます

こんな良いクルージングポイントがあり、まったく羨ましい

牟岐大島を出、しばらくすると真追っ手の風は風向が次第に回りはじめた

普段は機帆走ですが、こんなチャンスがあればセーリングです

天気は良いし、海も海況も良い、こんな気持ちよ良いセーリングは久々!
P4150074

程良い7mほどの風、しばらくセーリングを堪能するうちに風も落ち機帆走に

室戸岬に近づくと、強い潮流がぶつかり合い、ぐちゃぐちゃした波が立ち始める
P4150085

強風だったら、岬を越えるのは大変でしょう

13:50 室津港に到着
P4150086

P4150087

日和佐港から43マイル、7時間半でした
P4150088

まずは製氷所の岸壁に仮付けし、水を補給させて頂く

その後、漁協から指示された岸壁に横付け
P4150089

岸壁の黒いフェンダーが大きいため、普段のフェンダーでは船体が黒く汚れます

急いでスチロバールをセット

岸壁に舫いロープを取ったところで、投錨したアンカーロープを引くとズルズル引けてしまう

あれ〜?ブルースから、ダンフォースに取替えてからは調子よかったのに〜・・・

アンカーを引き揚げてみると、双綱とチェーンがアンカーに絡んでました

180度フネの方向が変わっても効き続けるブルースと違い、ダンフォースは何かと注意が必要のようです

アンカーロープ等を整理し、打直しのため再び離岸

微速で岸壁の40mほど前、今度はアンカーをゆっくり丁寧に海底に着底してからロープをリリース

舫いを再び留め、アンカーロープを調整

今度は先程より効いてますが、力一杯引くと僅かに引けてくる

天候は悪くないので何とか大丈夫でしょう

やはり唐人アンカーのが良いのかナ
P4150090

どこかで、入手しなくては

風呂は以前来たときに利用した太田旅館へ連絡すると、今日はダメとのこと

かわりにと教えて頂いたホテル富士で入浴(500円)
P4150091

ここはお遍路さんが利用している宿のようです

夕食は、ここで教えて頂いた居酒屋 千太郎へ
P4150109

老夫婦の経営する、カウンターだけの6〜7人で一杯になってしまう小さなお店です
P4150095

P4150099

P4150097

地元料理、浜あざみの天ぷら
P4150105

P4150103

P4150100


アットホームで良いお店でした

明日は高知ヨットクラブを目指します


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ