2019/2/15

今年のクルージングも、出港が少しづつ近づいてきました
P4290141

啓蟄(けいちつ)には少し早いけど、体の奥底でヨットのムシが動き出しそうな気配も

クルージング参加希望のメールも入り始めた

去年同乗された彦坂さんからもメールを頂きました

「行けるうちに行かなければ」、とご家族の応援があったと

同じヨット仲間として嬉しい言葉です

同時に、自分に言われているような気にもなりました


実は去年人間ドックで便潜血反応があり、例によって内視鏡検査を受けました
P3150112

年末ということなど色々あり、検査まで50日間と長い待ち日数となりました

その間、大腸ガンだったら今年のクルージングはダメかも・・などと半分本気で考えることも

来月から65歳、体力的にあと10シーズ楽しめればと思ってましたが、それどころじゃない?

「行けるうちに行っておかないと」、まったく痛感です

結果は2個のポリープを取り、目視所見では心配ないでしょうとのこと(生検の結果をまだ聞いてませんが)

これで安心(ポリープ切除後の、1週間アルコール禁止はこたえました)


さて、心配も消えたところで

今年もクルージングを楽しむゾ!!

と、いうことで今年は去年行けなかった台湾を目指そうかと

しかし、沖縄までのコースで少し迷ってます

考えていたのが、去年のようにホームポート愛知県→小笠原→沖縄というコース
orion-okinawa-yonahara1

小笠原父島母島へは行きましたが、まだ見ぬ八丈島、孀婦岩が残ってる

う〜ん、行ってみたい!

(北大東島港)
P5160246

P5170062



一方、ホームポート愛知から四国、九州の太平洋側を南下し沖縄・石垣→台湾という手も

愛知から沖縄までの南下コースはオーバーナイト無しで行った場合、約一ヶ月弱

これは去年の愛知→小笠原→石垣とほぼ同じ日数です

デイクルーズを重ねて南下し、その気になればオーバーナイトで日数をかなり短縮することも可能
DSC_0000_BURST20190215133304294

毎日入港する港町での温泉や居酒屋は楽しい

いや、楽しいという言葉じゃ足りません

これが無かったらクルージングなんて出ないでしょう、たぶん

(2017塩竃の居酒屋)
P8280388

(2013和具の温泉)
PB230045

連日デイクルーズという「お気楽さ」+日程の自由度などの安心感も魅力だナ

ウ〜ン、どちらも捨てがたい


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ