2018/7/25 晴れ

昨日、初めて中ノ島漁港へ入港しましたが、狭い港には適当な係留場所が無く、槍付け係留している漁船「千尋」に一時横抱きしました

その後来られた船長のご厚意で、そのまま一晩過ごすことに

千尋は翌朝5;00に出航(ただし二日酔いの場合、何時になるかわからないと)

オリオンの次の寄港地、屋久島まで60マイルほどあるのでオリオンも5:00に出航します

当日、4:30起床

沖縄同様に緯度の関係で4:30でも真暗です

予想より風が強い

港内は狭いうえに舫ロープだらけなので、安全な明るさになるまで待ちます

5:00 明るくなってきましたが千尋の船長は二日酔いなのか、まだ来ません

5:10 風の弱まった隙に、舫ったままオリオンのギヤを後進にかける

オリオンがゆっくりと後進し、千尋より4分の1艇身ほど出る

前後の舫いを外し、漁船に乗り込みオリオンを目いっぱい押し放すと、すぐさまオリオンに飛び乗り

大急ぎでコクピットへ

後進するオリオンの船首が風に流れ漁船に張り付くも、前もってフェンダーを船首に集中させておいたのでスムーズに離岸できた

海上へ出ると、斜め前方からの風が予想以上に強い

逆潮で速度が出ない
P7250108

クローズリーチで、中之島の西を通る

しかし、逆潮がいつまでも続く

中之島と口之島の中間間近まで行っても逆潮が変わらない

我慢できず、中間地点から東に転舵

転舵と同時に、風はアビームになり連れ潮も重なって速度が上がりはじめ帆走に切換え

速度はぐんぐん上がり7〜7,5ノットに

あっというまに口之島の東沖へ到達
P7250123

相変わらず連れ潮が続き、6ノットをキープと順調

しかし、口之島を離れるにしたがって、また逆潮が出始め機帆走で何とか6ノットを維持

次第に風は真向かいとなり、向波に叩かれはじめた

速度は何とか4〜5ノットを維持するのがやっと

エンジン回転を上げれば、速度を上げられますが船首から打ち上げる潮もひどくなる

浴びた潮が強い日差しで、あちこち白くなってます

はじめは屋久島へ近づいたら沿岸沿いを時計回りで宮之浦へ入ろうと考えてました
P7250138

しかし、真向いの風と波、それに逆潮と条件が悪く到着時間が遅くなってしまいそうです

ということで、予定を変えて屋久島を反時計回りにして安房(あんぼう)漁港へ向かうことにしました

転舵と同時に速度が上がり帆走に切換え

それまでの白波からベタ凪の海に激変、一転して揺れの無い平和な海に

初めて訪れる安房漁港に
P7250143

P7250144

P7250145

P7250147

14:50安房漁港に到着
P7250108 (2)

中之島から61マイル 9時間40分と思いのほか早い到着でした

給油と給水をするため、漁協事務所前へ一時係留
P7250152

漁協事務所で水の使用許可とガソリンスタンドを教えて頂き、ついでに明日の朝までこの場所での係留許可を頂けたのはラッキーでした
P7250157

通常は、この対岸にある岸壁の一段高くなる部分へ係留となります

給水を済ませ水洗いでザラザラ、ベタベタがとれ気持ちよくなりました

ガソリンスタンドは屋久島石油 (0997-46-2725)で100L給油

ローリー配達、免税、クレジットカード使用でも送迎してくれます

夕方になると地元漁師さんが岸壁に集まり一服

トビウオを餌に、この岸壁で20圓發△襯ッポレが釣れるそうです
P7250158

そこへ、何と海亀が
P7250151

2匹の海亀がこの港に住み着いているそうです

ここで、漁師さんから魚を頂きました

ついでにと全ての魚を漁師さんが手早くさばいてくれました、有難いです

夕食は刺身と煮付けにしましたが、とても多すぎて刺身を半分食べ、残りは明日の分となりました
P7250160

P7250161

P7250162

明日は宮之浦港へ移動します


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ