2018/7/ 6 曇り

奄美大島宇検村を10:00出航、東にある大島海峡の奥、阿鉄湾へ向かいます
P7060044

宇検村では時折風が抜けるだけで静かですが、外は強風です

メインセールを3分の2ほど出して進むうちに、10〜12mほどの風になる
P7060055

この奥深い焼内湾を進むうちに所々で横へ抜ける強風があり、時には20m近い突風を真横から受け大きく傾くことも

それでも波が立たないので、恐怖感は無い

湾から出ると12〜15mほどの風を前方より受けるも、連れ潮があるのか1600回転の機帆走で4ノット前後をキープ

速度を上げると揺れやスプレーがひどくなるので20マイルほどの距離なら、この速度なら十分です

途中、本土方面に向かうアイランドパケットらしきヨットとすれ違う

追風で余裕十分、ここでUターンして私も同行したい気分です
P7060059

P7060061


岬に近づくと波が大きくなり、久々に頭上からスプレーをかぶりました

以前乗っていたヤマハ25兇筌タリナの頃はスプレー浴び放題でしたが、今のフネになってからはめったに浴びないので油断してました
P7060069

P7060062

大島水道に入ると、それまでの風から8〜9mの風になり海面も静かです
P7060076

P7060084

大島水道から更に北の奥へ、阿鉄湾に入ると微風になってしまいました

ここは、まさに天然の良港、あの強風は微塵もありません

(写真奥は阿鉄の集落)
P7070018

ここは、まるで湖! しかし後方の湾外は強風の海が
P7070019

連絡を取り合っていた、葛西さんが小舟で来てくれました
P7060091

同じ係留ブイを利用する方が、小舟からオリオンへ乗込み係留を手伝っていただきました
P7070016

ここには4つの係留ブイがあり、先着のヨットが2艇

明日には徳之島から別のヨットが入り、ここは満杯になります
P7070023

係留ブイは有料で、船外機付きのテンダーがそれぞれに用意されます
P7070020

利用したい場合は葛西さんに申し込みます

阿鉄は食品店もあるそうで、足船があるのは有難いです

今回の台風はヤバいので台風最接近のときは民宿へ避難します

これから片付けや補強など行い、あとはこの係留ブイに全てを託すのみです



日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ