2018/7/ 4 雨のち曇り

台風7号が去った翌日こそは良いお天気でしたが、今日は朝から雨模様です

ゆっくり日和待ちし、お天気が良くなったところで悪石島、中之島を巡ろうかと思ってました

しかし、昨夜、思いもせぬ出来事を知りました

REDSUNのKさんからのメールは、台風8号発生の知らせ!!

ゲ〜ッ !!

台風7号をやり過ごしたばかりなのに・・・

明日は悪石島、そのあとは中ノ島の予定でしたが、のんびりしてられません

ということで、寝る前に彦坂さんと協議です

この台風8号は、昨日の7号と同じようなコースで接近しそう

最接近は6日〜7日後か

まだコースは確定しませんが、もっと安全な所へ避難した方が良いのか・・・

150マイル先の屋久島とか

しかし、ここ3日間ほどは雨と強風で、15mほどの強風と波を覚悟せねばなりません

それとも、このまま待機するか

迷った挙句、このまま滞在を延長し台風をやり過ごすことにしました

ということで、下船の予定が近かった彦坂さんは予定を早め、ここで下船することに

ネットで5日の飛行機のチケットを予約

というのが昨夜3日の夜遅くのことでした

翌4日、台風8号が思ったより大きそうで、やはり屋久島へ向かうことにしました

屋久島到着の5日午前中の強風を避け、その日の夕方に到着するため今日4日の昼頃に出航することに

彦坂さんの下船と、オリオンの出航で準備をしていると古仁屋の葛西さんが来られた

台風8号は要注意との意見は葛西さんと一致

ここで、彦坂さんとお別れです、ちょうど来ていた葛西さんの車でホテルへ

4月26日から今日まで、2か月以上お疲れさまでした

また三谷のクラブハウスで、思い出話を肴に一杯やりましょう

出航時間が近づき準備を進めるうちに、奄美を離れてしまうのが惜しくなってきました

まだ行きたいところや、知りたいこと見たいものがあります

今朝、葛西さんとお会いしたこともあって、奄美に残る方が良いような気がしました

ということで、またまた予定変更です

ここ名瀬から東へ約35マイルの宇検村へ行き、翌日は葛西さんの管理する阿鉄湾のブイへ向かうことにしました

カッパを着て名瀬港長浜を昼12:00出航

オリオンと入れ違いにヨットが入港してきました

沖縄の座間味レース(天候により中止)から帰路に向かうヨットのようです

海上は上り一杯の風、二日前の台風の影響も無く海は穏やかですが風が上がることが予想される
P7040004

メインセール1ポイントほど縮帆、ジブセールを三分の二ほど縮帆で機帆走

連れ潮もあり7ノットと快調

青空ものぞかせますが、雨雲が多く不安定な天気です
P7040006

とうとう本降りの雨に

小さかった波が次第に大きくなってきた

風は終始10mほどですが途中12mほどに

焼内湾へ入ると、風も収まりセールを収納
P7040009

この湾は奥深く、湾口入から奥まで6〜7マイルほどもある自然の良港です
P7040016

湾内の養殖いかだは思ったより少なく、雨で視界不良のなかでも不安なく進めます
P7040012

水深十分もあり、三重県の九鬼のような感じです



16:30 本降りの雨の中、焼内湾最奥の宇検村の漁港に到着


名瀬港長浜地区から32マイル4時間半でした
P7040017

雨のなかでの着岸、メガネに水滴がついてコンクリートの岸壁がよく見えずヒヤヒヤしました
P7040018

ここは山間に囲まれた静かな集落で、三重県の九鬼に雰囲気がとても似ています
P7040020

観光パンフレットなどでも、宇検村の名前は良く目にするので以前から気になってました
P7040023

どんなところか楽しみです

横付けで舫った後、近くにいた人にヨットが邪魔にならないか聞くと、OKとのこと

日本マグロ資源研究所に勤務するKさん、仲間の漁船のエンジン整備中でした
P7040025

いろいろ話すうちに徒歩10分ほどにある町営の入浴施設「やきうちの湯」へ乗せていってくれました

しかし結構な雨、入浴後に雨の中徒歩で帰ることを考え、有難く辞退しました

しかし、そんな躊躇を見透かされたようで一時間くらいしたら迎えに来るから、と

こんな親切は久しぶりです、嬉しくなりさっそく助手席へ

しかし、残念なことに水曜日定休で閉まっていた
yakeutinoyu-2-1024x768

(写真は、あまみ大島観光物産連盟のウエブサイトからお借りしました)

立派な施設だけに残念! 隔週の定休に当たるとは・・・
yakeuchi

ちなみに、入浴料は600円 「いこいの湯」と「やすらぎの湯」の2種類の浴室が用意されており、毎日男性用、女性用が入れ替わります。

港へ戻り車から降りようとすると、寮の風呂を使うか?と

ということで、エンジン整備中の仲間を置いて、また出発

今度はけっこう遠く、申し訳ないと恐縮

するとKさんは以前フネの修理業をしており、回航など旅先で地元の親切に随分助けられたそうで、そのお返しなのだとか

旅先での親切は、づっと繋がっているのです

寮で有難く入浴させていただき、フネへ

明日の天候を調べると明日は15mの強風と雨、明後日も12m以上です

ということで、この静かな宇検村を楽しむことにしました


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ