(※毎回1日遅れで更新してます)2017年5月17日 晴れ 壱岐郷ノ浦 →対馬 厳原港

郷ノ浦の浮き桟橋は漁船や釣り船がいないので、明方も静穏そのもの

玉城さんは、すぐ近くにある水飲み場からペットボトルに飲料水を2本補給、なので重たい水はめったに買いません

きょうは待望の対馬へ向かいます

一昨年の沖縄クルーズの帰りに壱岐、対馬を巡る予定でしたが強風が続き諦めて帰りました

ようおやくこのときが来ました

いつもより少し早目の5:30に出港
P5170014

前から来る波が大きく、フネが揺られます

いつも港の沖に出るまでは大きい波が続くことが多いです

ラジオの天気予報では対馬・壱岐は雷注意報と、

急な雷雨、突風に注意と告げてますが、空は青空でそんな雰囲気はまるで有りません

GPSを見ると対馬海峡は北へ0,2ノットの潮流

海上は北西の弱い風でメインセール+機走2300回転、ペラもきれいになり6.3ノットで快調〜

対馬海峡の中に入ると波は穏やかになり、とても良い気分
P5170030

ですが海藻軍団が相変わらずオリオンの行く手を阻みます
P5170018

ワッチを少しでも欠かすと、すぐに目の前に現れて慌てさせられます

今年は海藻が多いのですが、ここ対馬海峡は特に多いです

これほど長時間、懸命にワッチしたのは何年ぶりかな

突然、玉城さんが「クジラ!」と、そちらを見ると海面が盛り上がり何かがいます

カメラを用意しましたが、すぐに潜ってしまい撮れたのはかなりの遠景

玉城さんは視力が3,0くらいあるようで、誰よりも早く「カメ!」とか「サメ!」と教えてくれるのです

そのうちに前方に赤い浮遊物を発見! ブイ? ゴミ?

徐々に近づいてくると・・・ライフジャケットだ・・・漂流事故?

仕事柄、今まで何度も自殺や病死などの遺体を発見し、そのたびに警察の調査のため現場に何時間も釘付けになりました

もしここで、死体を発見したら、到着が大変になってしまいます

幸いライフジャケットに人の姿は無く、ただの漂流物でホッとしました

対馬海峡も残り僅かとなったころ、水面近くを何か大きな魚が背びれを出して泳いでいる

さっそくケンケンを流してみると、50cmほどのハマチがヒット!
P5170035

厳原港が近付いているので、セールを収納したり舫いの準備もあるので大急ぎで絞めて冷蔵庫へ入れ港へ
P5170066

12:00入港 係留場所を聞くためフェリー乗り場へ近寄ったとき、突然ペラに振動が!

ペラが何かを巻き付けたようですが、アイドリング程度なら大丈夫そう

奥のガソリンスタンド前は、広く空いてますが水深2mラインです

スタンドの右方の漁船にいた老漁師に聞くとスタンド前を指さし、あそこへ行けと・・・

別の漁船の漁師が、その話を聞いており、あそこは浅いので自分のフネの後ろのスペースへ停めるよう勧めてくれ助かりました
P5170037

壱岐郷ノ浦から39マイル、6.5時間でした

P5170047

舫いを終えぬうちに海上保安庁が来ました

舫い終わるのを待って3人で取り調べが始まりました

書類をしらべて終わりかと思ったら、一人がキャビンの中をあちこち開けて念入りなチェック

あとの二人は書類を調べた後、ここへ来た目的からどこから来て、これからどうするのか、と根掘り葉掘り

さらに税関職員が2人、こちらはフネに乗り込むことなく簡単な質問で終了

保安庁の取調べは30分以上続いてようやく終了

ようやく、気になっているペラを潜って見ることに
P5170046

エンジン回転を少し上げただけで、大きな振動が出たので短いロープなどを巻き付けたのかと思ったら海藻の束を巻いていました
P5170042

潜りついでにキールの状態をチェックすると、やはり福岡の漁港の浅い海底を引きずったらしい傷や塗料の剥がれが見られました
P5170045

P5170044

泥や砂でも浅いところへ入るのは、やはりNGですね

私が潜っているのを見て、係留場所を教えてくれた漁師さんが自分の漁船も見てくれと

潜って見ると、この漁船のペラにも海藻がギッシリ、パン切り包丁を使い取除きます

漁船でもペラに海藻を巻いてしまうようで、今年は海藻が多いとぼやいてました

この漁師さんと雑談ついでに近くに風呂が無いか聞くと、すぐ前のガソリンスタンド事務所の2階にある風呂が無料で入れるとのこと

番号キーは俺が空けておくから、と

このスタンドを利用する漁師のため、スタンドの会社が設けた施設のようです
もちろん私もここで100リッター補給、しかし高い・・・

高知県で給油した軽油はリッター61,6円でしたが、ここでは115,9円! 島だから高いのは仕方ありませんね

サッパリした後は資料館へ向かいましたが、建替え中で見ることはできません
P5170054

観光案内で資料をもらい、回転ずしへ
P5170072

回転ずしも悪くはないのですが、旅の雰囲気は感じられず味気ないですね

P5170074

明日は樽が浜へ移動し、島内観光です
P5170077

日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ