(※毎回1日遅れで更新してます)2017年5月15日 晴れ 福岡の漁港→壱岐郷ノ浦港 

5:40壱岐へ向け出港

(本当は5月下旬ころ壱岐へ向かうつもりでしたが、25日に愛知県へ一旦帰宅することになり変更しました
2〜3日でクルージングに戻るつもりです)
P5150010

水深は入港時より50cmほど高いので心配はありませんが、それでも港を出ると水深計は2mを表示するので慎重に進めます

壱岐方向は向風、向波で速度はエンジン2500回転、速度は4,5ノットと速度が出ない

相変わらず海藻のかたまりが方々に浮いており、直径5mほどもあるものも

避けながら進んでますが、速度が出ないのはペラに海藻が巻きついているのかもしれません
P5150013

途中、携帯で壱岐の浮き桟橋利用を役所へ伝えると管理人さんの連絡先を教えてくれました

13:00到着 間違って隣の溜まりへ入港

待機していた管理人さんから携帯で指摘され、西の船溜まりへ入り直しました
P5150019

40マイル 7時間20分もかかりました
P5150021

舫いを取ってくれた管理人さんに、2日分の桟橋使用料388円を支払い

1日m当たり20円だそうです
P5150023

港の中も海がきれいなので沖ノ島のように陸からペラが見えないかと桟橋に這って覗きましたが見えません

仕方ないのでデジカメをボートフックに縛り付けて、動画を取ってみました

ペラに海藻が巻きついているのが鮮明に映りました

これは潜ったとき撮った写真です
P5150025

今回2回目の潜りです
P5150026

町は少し遠いので地元のレンタカーを借りました

後になってオリックスレンタカーの方が安いことを知りました

風呂はビューホテル壱岐へ(500円)

7階にある風呂は眺めが良く、係留したヨットも遠くに見えます
P5150031

P5150030

郷ノ浦の街中にある駐車場(1時間無料その後時間あたり40円)に車を置き、買い物と食事

駐車場近くの飲食店に入ると、愛想の良い漁師をしているというマスターと女性店員が一人

メニューは少ないけど感じが良さそう、と思ったら注文もしないのにマスターが刺身を出してきた

1,000円で良いと言うけど、そういう問題じゃない

気のいい人のようだけど、この手の押付けは苦手です

刺身の鮮度も全然よくない(たぶん裏の食品店で見たパック入り刺身)・・・何も注文せず焼酎を2杯飲

マスターが席を立ったところでお会計に

マスターは帰り仕度をする我々を見ると、いま豆腐を食べてもらおうと買ってきたと残念そうに言うので、チョット悪い気がしましたが又勝手にされても困ります

店を出る前に空のペットボトル2本に水道水入れてほしいと頼むと、代わりにミネラルウオーター2本を渡されてしまった

断ってもタダで良いからと・・・良い人なんです・・けどね・・・・
P5150038

店を出て、すぐそばにある壱岐牛の看板を出した肉屋の焼肉屋へ

明日は壱岐の観光に出ます

日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ