(※毎回1日遅れで更新してます)2017年5月13日 晴れ 芦屋港→福岡の漁港 

いや〜昨夜は酷い暴風でした

予報では9mほどだったのですが、陽が落ちる頃から風が上がり始め20:00頃から20m位の風がうなり始めました

幸い岸壁に押し付けられることも無く、安眠できました

すっかり穏やかな天候になりましたが、いつもの時間に出港すると水深計は2mを切ってしまいます

8:00まで待ち出港

満潮時で水深計は2,5m

昨日入港する時、GPSに西側入り口は電線の表示があったので、灯台のある東から入港しましたが出港時に見ると電線は見当たらない

ということで、川のある西側から出ることにしました

すぐ横に川があるので砂の堆積も予想されましたが、こちらの方は3mを維持し水深は全く心配ありませんでした

昨日と比べ天気が良く、日差しが強い
P5130011

ということで、ビールの出番です

昨夜の強風で少々高かった波も、筑前大島を越えると穏やかになり気持よいクルージングです
P5130002

福岡では以前からメールや電話でやりとりしているSさんの案内で泊地へ向かいます

博多湾の入り口、志賀島へ差し掛かったところでSさんに連絡

丁度、お仲間のヨットで出ており一旦、志賀島の岸壁落ちあい、改めて泊地の漁港へ一緒に向かいます
P5130016

博多湾は風明媚港、波も静かで良いところです
P5130014

P5130017

泊地手前でセールダウン、ところがSさんの乗るヨットがエンジントラブル!

エンジン始動を何度も試みるも掛からず、オリオンが曳航して泊地へ

ここも水深が浅く、水深計は2m前後!

トラブル艇を曳航中、Sさんから入港案内のため曳航したままオリオンに乗り移ると連絡が入る

てっきり横抱きしてから、乗り移るのかと思ったら曳航索を引き寄せてトラブル艇のバウからオリオンのスターンへ乗り込み

私より高齢だと思うけどすごいパワーです

入港案内を受け、トラブル艇を曳航して泊地へ近づくと水深は2mをあっさり切り1,2m!

50cm位の余裕があるとはいえ、こんな水深計の表示で走るのは初めての経験です

泊地に入るとトラブルを聞き付けたのか、桟橋にはお仲間が待機

着岸する桟橋は岸に近い、一度に2艇が着岸すると追突の危険がある

オリオンはタッチアンドゴーで桟橋に付けると、すぐさまトラブル艇のロープを待機している人へ投げSさんも桟橋へ

オリオンはそのまま行き足を止めずに桟橋を離れ旋回

トラブル艇は無事に着岸して、事なきを得ました

慣れない泊地で水深の問題もあり、トラブル艇と干潮時の入港との悪条件で一時はどうなるかと思いました、ふう〜・・・
P5130020

でも、桟橋に着けてみると水深計は1m! 海底はヘドロなので、キールが潜るだけです

でも、海底の表面には牡蠣が覆っているのでキールの下部は船底塗料は剥がれそう
P5130019

夕方からSさんOさんと我々で近くの居酒屋「あいきょう」へ
P5130023

P5130024

思わぬトラブルや初めて経験する水深など色々ありましたが、今夜も事故も無く楽しく酒を楽しむことができました
P5130026

日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ