2017年2月20日

マリーナにお願いした船底とペラの塗装はきれいに仕上がりました

船尾が沈み気味で喫水より上のハルにまでフジツボが付いたので、船尾部分の船底はラインにかかる部分まで塗ってもらいました
KIMG0492

格好悪いけど仕方ない

シャフトと船底、スラスターの防蝕亜鉛の取替え、シャフトのグランドパッキンは点検清掃とグリスアップのみ行なった

新しいシャフトジンクの位置ですが、グランドパッキン部分のシャフト電触が気になるためスタンチューブに近い部分へ取付けました
KIMG0494


ビルジポンプのフロートスイッチは電源の入切が不安定になった、これは帰港してから取替え予定
KIMG0486


舫い系は長期クルーズに備え、今使っている丸形フェンダーよりワンサイズ大きいA4直径寸法:550mm×L:710mmを2個購入

そのフェンダーカバーにするターポリン生地0.35亳を注文
KIMG0500


舫いロープのスレ防止は消防用ホースを使ってますが、それでも防ぎきれないとき用に3mのチェーン+シャックルを4組購入

一昨年、2mのチェーンを用意しましたが、これは短かった

記録用のカメラは去年11月にSONYサイバーショットDSC-RX100を購入したばかりでしたが、はコクピットに置いてキャビンにいたら雨に降られて壊れてしまいました
KIMG0485

扱いが雑なので、やはり防水でないとダメですね

ということで新たにオリンパス STYLUS TG-4を購入、これなら安心して使えます

購入はネットですが格安で、すぐ入手できるのは赤色しかなかった・・・
KIMG0513


泊地での必需品、折畳み自転車も買い換えです

先日、整備のためコクピットロッカーの奥にしまってあった自転車を出してみたら、前輪のスポークが6本折れているので修理に出しました
KIMG0491

ロッカーに収納中何か当たったのかと思ったら、折れたのでは無くペンチのようなもので切られたらしいと自転車屋さんが言われたけど、心当たりがない・・・

しかし修理が始まると別の原因とわかりました、スポーク同士交差し接触している部分の腐食が進み切れたものと判明

こうなるとホイールを取替えることになり、車軸の径が特殊ということで新たに買い換えた方が良いとのこと

ルノーLIGHT9をポチしました
light9_572-397

6段変速で重量は9,6kgと軽量ですが価格は35,000円ほどとお値打ち感があります

今まで使っていたものも割と軽い方でしたが、それでも12kg台ですからフネの積み降ろしが楽になりそう

もっと軽いマグネシウムフレームで6kg台の物も出てますが変速機付きは高価です、フネに乗せて使うと潮などで傷みが早いので買う気にはなれません

クルージング準備で何かと出費もかさみますが、あと9日で出航となり忙しくなってきました


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ