2017年3月12日

穏やかで暖かかった日曜日、オリオンの手摺の手入れを行ないました

ニス剥がしが億劫で手入れが延び延びになったせいで手摺はにひどい状態です
DSC00823

ニス塗りが薄いせいもあってか、触ると毛羽立ったニスがパラパラ落ちてきます

80番の紙やすりを付けた電動サンダーでニスを剥がす
DSC00945

一部に新艇の時からと思われる厚く塗られたニスは固くしっかりしており、電動サンダーでなければ大変です

ニス塗りの足りなかった部分は作業が簡単

厚く塗って長持ちはするけど作業は大変、一方は塗りが薄いので劣化は早いけど作業は簡単、比べるまでも無く何層も厚く塗った方が良いのでしょうけど、私は作業が楽な方が良いかな・・・

などといい加減なことを考えつつ、サンダーの紙やすりを取替えるとき、目を疑った

サンダーのプレート面に貼ってある紙やすりに4か所穴が空き、ビス頭が出ている
DSC00951

ビスが緩んで頭が飛び出したのでは無く、もともとプレート面からビス頭が出っ張っており、その上から柔らかいスポンジのシートでカバーしてあるだけです

使っているうちにビスの頭がスポンジと紙やすりを突き抜けて、磨いているものが傷だらけになってしまうことくらい子供でも分かります

メーカーのリョービに問い合わせると、スポンジは消耗品なので減ったり変形したら取り替えが必要とのこと

しかし買って三回しか使ってないと言うと、購入先へ持ち込み状態を調べてもらって下さい、と

のれんに腕押しのような対応に辟易し、電話を切る前に再度質問

すぐ変形するスポンジより、もっと固いものは無いのですか?と聞くと、固いスポンジがあります。との返事・・・

ならもっと早く言えよ・・・

仕方ないので電動ポリッシャーを使ってみることに
DSC00953

今のフネを購入したときから収納にあったもので、使うのは初めてですがサンダーより仕事が早く進みます

初めからこれを使えばよかった

240番の紙やすりで一通り仕上げて清掃を終えサンデイング完了
DSC00944

さて、いよいよ仕上げ塗りですが先回塗ったのは2015年6月末でした

このときは、ぶつけて折れてしまったバウ(前方)寄りの手すりを新品に取替えたときで、手付かずだった後方の手すりがみすぼらしいので後方だけ二スを塗り直している

このとき使用した二スはホームセンターで買った家庭用屋外二スでした(ブログにはUPしてなかった)
IMG_20150712_122512_625

業者が塗装した取替えた前方手すりと(多分ウレタン二スかと)私が家庭用外部二スで塗った後方の手すり

2年弱経って比べてみると、劣化具合にほとんど差が無い

というか、塗装の厚さに違いがあったのか家庭用外部二スの方が劣化ですが若干少ないくらいでした

これなら家庭用の安い二スでも良いのでは?という気にもなります

と、いうことで家庭用外部二ス、は使わずセトールマリンを使用
DSC00811

色ツヤは二スより劣りますが持ちも良く手入れも楽なので、カタリナでもずっと使用していました

仕上がり具合よりも楽な方を優先です

とりあえず1回塗り完了
DSC00959

まだ数回塗り重ねが必要ですが、天気の良いときに楽しみながらやることにします
DSC00955


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ