2017/1/15(日)

昨日の土曜日はオリオンに泊まったのですが、雪の舞うお天気のせいか誰もいない寂しいハーバーでした

オリオンに給油するポリタンを積んできましたが寒い! 

給油は翌日することにして、まずは食材を持ってキャビンへ

ご飯を炊き、賞味期限切れのカレーで夕食

キャビンも体も温まります

ヒーターでキャビンもポカポカ

しかし、数時間もすると何やら軽油の不完全燃焼の臭いがしてきた

FFヒーターの調子がおかしい?? 

3か所のダクトからはヌルく弱い温風しか出ず、暫くすると止まってしまった
DSC00304

よりによって今日なの?・・・これだからFFヒーターって奴は・・・

以前乗っていたカタリナ30に装備されていたミクニのFFヒーターで散々な目にあっていたのを思い出す

今のフネに付いているエバスのFFヒーターは1度修理http://orionhyodo.blog.jp/archives/51541895.htmlしましたが、その後はすこぶる調子良かった

当初あまり好きでなかったFFヒーターでしたが、その便利さ手軽さが気に入り常に使うようになり、それまで積んでいたセラミックヒーターはフネから下ろしてしまった

暖房器具は電気毛布しかない

石油ストーブの力強い温もりが恋しい・・・・

その後再始動を試すが3回目の再始動になると着火時の軽油の臭いがしなくなり、心なしかヒーターの燃料ポンプのカチカチ音も大きい

どうも燃料フィルターでも詰まったのか、燃料が行って無いような感じです

FFヒーターの点検はコクピットロッカーを開けて行うのですが、雪の降る夜に外で点検する気にもならない

家に帰ろうか、とも思ったけどオリオンのデッキも桟橋も道路も雪が積もっている

暗い中フネから桟橋へ降りるとき滑って落水でもしたら大変、車で事故も心配だし

キャビンのシートに敷いた電気毛布の上でフトンをまとうと、7℃のキャビンでもそれほど寒くは無い

翌朝、デッキや桟橋には18cmほどの積雪です
DSC00283

雪を除けてFFヒーターから燃料ホースをたどると、キャビンのクッション下に燃料ポンプがありましたがフィルターが見つからない

しかし懐中電灯で、よく照らして見ると燃料タンクから燃料ポンプと、その先に続く半透明の燃料ホースに気泡が見える
DSC00290

ヒーターの燃料(軽油)はフネの燃料タンクから引いてますが、燃料タンクはまだ7〜80Lほど残っているのでエアを吸うことは無いと思ってましたが、タンクの燃料不足が原因かも

雪が降り続いてますが、車に積んだ軽油のポリタンを取に行かねば
DSC00284

道路から桟橋へ降りる傾斜が強い通路も、桟橋も全て積雪なで滑らないよう注意してオリオンへ運び給油
DSC00289

再びヒーターのスイッチを入れると、燃料ホースの気泡が無くなり2回目の再始動でようやく燃焼成功!

ヒーターの燃料管がタンクのゴミをひろわないよう、高めにセットされていることでエアを吸ってしまったようです

常々フネの燃料タンクは満たしておくよう言われますが、思わぬところで影響が出でしまいました

今回はFFヒーターのトラブルではなく私が給油をさぼっていたせいでしたが、予備の暖房器具は忘れずに積んでおくことにします



日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ