2016・10・10

初日二日目とイマイチの天候だった三連休ですが、最終日はようやく好天に恵まれました

今日は玉城さんと湾内をクルージングして碧南へ帰ります

8:10 2日間お世話になった三谷ヨットクラブを出港

手を振ってサマータイムのIさんが見送ってくれました
PA100280

西浦の半島に沿って進むと前方にMさんご夫婦のジューンブライドようこ
PA100290

その両側に見える島が宙に浮いて見え、普段より近くにあるようにも見えます

蜃気楼の一種、浮島現象で海水温と冷たい空気の温度差で光が屈折してこのように見えるらしい

西の風6〜7m、6ノットで日間賀島 東港を目指します

11:00 初めて訪れる東港に到着
PA100299

PA100300


岸壁が高いと聞いてましたが、満潮に近い時刻なので心配ない

入港して左側の岸壁は漁船が並んでますが、係留予定の右側はガラガラです

しかし、ここの岸壁にも「ボート係留ご遠慮ください」と大書きが・・・

西港のように(ヨット)の文字が無い分、プレッシャーは少ないけど

係留する岸壁には釣り人が結構いて、岸壁のあちこちで竿を出している

注意しながら右側岸壁の奥へ横付け
PA100319

係留した岸壁の左にある浮き桟橋には観光船が着きます
PA100301

小潮の満潮近くで水深3m、大潮の干潮時は注意が必要かも

近くの漁船にいた漁師さんに、ヨット係留の挨拶をして玉城さんと近所をブラブラ

東港にも西港北港と同じタコが
PA100308

いかにも観光地といった雰囲気の西港や北港に比べ、お店も少なく静かな雰囲気は好感が持てます

それでも観光客が結構多いと思ったら、この日イベントが行われその様子をTVで流してたことを後で知りました

昼食は港のすぐ前にある、たいかいろう東店へ
PA100310

PA100313

ビールのつまみに注文した「フライ」に入っているデカイ海老フライ、これがなかなか美味い
PA100312

さすが日間賀島、干していたのは魚ではなく沢山のタコ
PA100316

フネに戻ると同じ岸壁にプレジャーボートが食事にでも来たような感じで点々と着けている
PA100320

普段から、ボートなどがよく係留しているような感じです

12:10 お土産のタコの丸湯でを積んで東港を出港、一路ホームポート碧南へ

途中、同じ碧南ヨットクラブの大先輩、Iさんのエルバと行き会い手を上げて挨拶
PA100323

15:00 帰港 

初めて湾内での三連休クルーズでしたが、のんびりできて良いクルージングでした


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ