2016・10・8

体育の日の三連休は毎年三重県方面へクルージングに出ていますが、今年は連休中日の9日に竹島埠頭でシーサイドライブがある

ということで連休の3日間は、三河湾で過ごしました

初日8日は先日、体験乗船できなかったゲストのTさんの体験乗船を兼ねて佐久島へ

この日のメンバーは相棒の玉城さんとゲストのTさん、それと私の3人

9:00 ハーバーへ到着すると、先週に引き続き今回も台風養生の増し舫いを外したり、ドジャーやビミニの取付け作業からスタート

台風多すぎですが、何一つ被害無く済んでいるので文句も言えません

少々遅い9:45 ホームポートを出港

程よい風、風向も悪くない

良かった、これならゲストのTさんにセーリングを体験してもらうことができる

今夜は三谷ヨットハーバーへ停泊するので、途中にある佐久島入ヶ浦を目指します

朝方まで雨が降っており雲の多いスッキリしない天気ですが、セーリングに適した良い風に恵まれ快適〜

次第に青空も出てきた
PA080090

しかし、前日の波が少々残っておりTさんがダウンしてトイレへ

そんなときにタイミングが悪いことに滴型フェンダーが落水

これを回収するため何回も周回したのでトイレに籠もったTさんは大変だったでしょう

ということでコクピットに戻ってきたTさんに、しばし酔い止めの舵を取っていただくことに
(まあ、酔わなくても操船は体験してもらいますけどね)
PA080087

以前、ラピタと一緒に出た紀州クルーズで、初代オリオンを買って頂いたNさんもオリオンに同乗された折

船酔いでダウンした私に代わってNさんが舵を取りました
ラピタクルージングワールド2006黄金週間より http://www.page.sannet.ne.jp/hide/NIKKI2006GW.html

Nさんは、過去に初代オリオンを沼津へ回航する遠州灘の時化で、ひどい船酔をいしている

しかし、この紀州クルーズでは時化の最中でも、全く平気で舵を取っていたのは意外でした

次第に風波がひどくなるに従い、艇のコントロールが難しくなりはじめたのを機に私と舵を交代

それまで大揺れのコクピットに立ち、懸命にラット操作していたNさんでしたがラットを放した瞬間にダウン

デッキに這いつくばって嘔吐するNさんの、あまりの急変に驚いたものでした

舵取りの酔い止め効果は、下手な酔い止め薬より効果あるようです

Tさんの船酔いも舵取りが効いたことでしょう

13:40 佐久島の入ヶ浦港へ入港
PA100295

PA080099


入ケ浦は港のすぐ東に岩場が広がり、ヨットの座礁が多いところですが、港の中にも大きな岩などあり干潮時は要注意です

小さな港は人もPL船もあまり見かけず、いつ来ても静か

何か遠くの漁港へ来たような雰囲気です
PA080101

昼過ぎで静かになった「すず屋」へ入り、ゲストさんはお約束の大アサリ丼を注文
PA080102

15:00佐久島を出港
PA080116

陽も傾いてきた
PA080141

17:30三谷ヨットハーバーへ到着

ここで、ゲストのTさんは下船し電車で戻る予定です

しかし、そこは三谷ヨットクラブの優しい面々

帰るところだったTさんに、お声掛け頂きましてクラブハウスで夕食をご一緒させていただきました

PA080148

PA080149

PA080150

帰るときはTさんを駅まで車で送って頂き、感謝感謝です
PA080152

暖かいお心遣い、有り難うございました


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ