自宅新築や管理するアパートのリフォームなど少々忙しいこともあって、しばらくブログの更新が滞ってました

先々週はヨット仲間、KさんのREDSUN号回航で御前崎港から蒲郡市形原港までのクルーズを楽しんできました

こちらは、本家本元「REDSUNのヨット記録」で現在UP中なので、とりあえず先週6日の答志島クルーズのご報告です

GWクルーズ以来、一泊クルーズに出てなかったので玉城さん夫婦をお誘いして、答志島和具港へ行って来ました

答志島はホームポートから片道5時間、係留場所、温泉、居酒屋、寿司屋などもあって手軽なクルージングスポットです

午前9時過ぎ、ハーバーへ着き出港準備をすると早くも汗びっしょり

早くも猛暑の気配ですが出港してしまえば、涼しい海風に冷えたビールもある

汗に濡れたTシャツもすぐに乾いてしまう

10:00、蒸し暑い陸地から逃げるように出港
P8060001

メインセールを出し、オートパイロットに舵を任せると、いつものお約束冷え冷えのビールで乾杯

沖縄の実家へ先週帰った話や沖縄の土地の計画や暮らしなど、グビグビ飲みながら話は広がっていきます

スターンの張り出したスペースが、昼寝に具合が良いんだそうで
P8060004

湾口手前、三重県方面へ向かう衣浦ヨットクラブのMEGATENN号
P8060005


P8060007

本船航路を横切り答志島の北東、
P8060010

P8060013

P8060018

答志港の東は、あちこちに浅瀬や暗礁があり白波を立てており、詳細なGPSが頼りです
P8060022

14:30答志島の和具港へ到着
P8060024

P8060025

港入り口の左突堤には、追い越したと思ったMEGATEN号がすでに着けている

連れ潮に乗って神島手前から答志島へ向かうコースの方が良かったみたい

市場東の突堤根元へ係留完了
P8060030

P8060031

係留作業を終えると汗びっしょり!いや〜暑い!!

涼しい海上から一転ムシムシの蒸し暑さ

漁港とはいえ海はきれいなので、マスク足ひれにパンツ一丁で海へ

今年はフネの稼働率も低いせいか、部分的ですが結構なフジツボが付いてました

フネの日陰でのんびり過ごしたあと、いつものホテル寿々波のお風呂へ

お湯は程よい温度、貸し切り状態の温泉を心行くまで堪能
P8060034

浴場からオリオンのマストがよく見えます
P8060037

これまた、定番の大春で一杯

さっそく乾杯!と・・・カメラを浴場へ置き忘れた〜! 最近こんなのばっかり・・・
P8060041

大春では組合長さんや初めて答志島へ来たとき、お世話になった海上タクシーの愛幸丸さんなど久々に再会でき楽しいひとときでした

翌朝は早くから燃え尽きた蚊取り線香のせいで、蚊に刺され朝早く目が覚めてしまった

ゆっくりと朝食をとり、7:30ころ出航
DSC_0006

答志島を時計回りに回って碧南へ12:40到着

玉城さん、暑い中お疲れ様でした

今週は11日からお盆休みが始まるので、準備が忙しい

先日、沖縄クルーズのとき大変お世話になった長崎のMさんから、3Mの高性能な熱遮フィルムを送っていただきました

このフィルムを窓に張れば、ばかなり暑さが違うでしょうから早く作業するつもりです

行き先は、天候次第ですが三宅島から神津島、新島など島々と温泉を楽しみたいと思ってます

今のオリオン回航時に立ち寄った新島などの温泉が忘れられない
P1020882

http://orionhyodo.blog.jp/tag/%E6%96%B0%E5%B3%B6


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ