このところスッキリしない天気が続きましたが、日曜日は朝からよく晴れ上がり程よい風にオリオンでデイクルーズにでました
P6260003

衣浦港を出ると前方海上で待機中のパイロットボートがこちらへ近づいてきた

大型船が入港するので東へ進路をとって、航路から離れてほしい、と拡声器で言ってきた

見ると沖合からこちらへ本船が向かってくる

まだ距離はかなりあるけど、了解、と手を上げて東へ30°ほど転舵

舵を切った先の沖には大王製紙の大型チップ船ほか1隻が海上に停泊している

大王製紙の大型船に近付くにつれアンカー収納の穴(ホースパイプというようですが)から海水が流れ出ているのがみえた・・・

既にアンカーを上げて動き始めていました

ヤバッ!と思うまもなくボーー!と、それも2回も!

パイロットボートが言っていたのは、沖から向かってくる船ではなく、停泊中の大王製紙の方でした
IMG_20150228_123033_470

河口から出てすぐAISで動いてないことを確認していたのですが、パイロットボートから言われた時点で確認するべきでした

いやいや、それより無線機のスイッチを入れておけばVHFで呼びかけがあったかも知れません

船の名前が分かれば、間違いもなかったでしょう

すぐにVHF固定機のスイッチを入れ、コクピットへハンデイ機を持ち出しましたがバッテリーが上がってます

せっかくハンデイ無線機があっても、これじゃあ・・・

気を取り直し、前回あまり時間がとれなかった師崎港(もろざき港)へ向かいます

西寄り7mほどの風、リーチングで5〜6ノットで知多半島先端を目指す

9:30ころ師崎港が近付き、セールをどこで下ろそうかと思っていると伊勢湾方面沖合から次々と漁船がやってくる
P6260016

オリオンの前方から向かってきたのはシラス漁船で、どれもすごい勢いで次々とオリオンの前方やすぐ脇を走り抜けてゆきます

この漁船をやり過ごしてから入港準備しようと、そのままフネを進めていると向かってくる漁船の数が半端ない多さだ

写真を撮る余裕が無くて、漁船があまり写ってません
P6260014

先を競うように幡豆方面や日間賀方面など方々の港へ向かって行くのですが、半島先端と篠島の間の狭い海上を通るので大変です

足の遅いオリオンは漁船の流れの中で、なかなか漁船のコースから逃れることもできず、引き波に翻弄され続けるしかありません

まるで高速道路に紛れ込んだ自転車のようなものです

なかなか途切れなかった漁船もようやく減って、自由にコースがとれるようになったものの、水揚げする漁船で活気づく最中の漁港にヨットで入港したら迷惑がられるだけです

今回はタイミングが悪すぎたので、師崎港は次の機会とすることに

ということで、目の前の篠島へ行き久し振りに城寿司に行きたいところですが、シラス漁船が入港してるだろうし・・・
P6260022

さきほどの喧噪と無縁な佐久島の西港へ向かいました

11:00頃、1艇もいない西港の岸壁へ横着け完了

しかし、やや強めの西風が結構入り、風上に向けて係留したオリオンは船首が左右に振れて落ち着きません

スプリングラインなども固めて、しっかり舫えば少しは良くなるでしょう

でも、あまり時間もないし面倒になり舫いを解き、ハーバーへ戻ることに

途中すれ違った同じ碧南YCのボヘミアン、追い風を受け何と8ノットで豊浜漁港へ向かったそうです
P6260017


次からはシラス漁船が帰る時刻を避けて行かねばなりません


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ