9月12日(土) 晴れ 帰路16日目 鹿児島県 山川港へ

沖縄からオリオンに同乗の彦坂さんは、ここ種子島で下船します

沖縄 宜野湾マリーナを出発し巡った島は、座間味、伊江島、与論、沖永良部、徳之島、奄美大島古仁屋、宝島、悪石島、屋久島、種子島

計10個の島々を一緒に巡ってきました

初めての泊地で、入港の緊張や素晴らしい感動など共にしてきただけに、彦坂さんの下船は寂しい限りです

今日の予定は鹿児島湾入り口にある指宿港でしたが、出航が遅くなったので山川港、(約40マイル)へ向かいます

8:40、手を振って種子島西之表港を出航
P9120038

また、ヨット一人旅の再開です

海上へ出ると北西の真上り、メイン+機走2000回転、5〜5,5Kn
P9120041

大隅海峡は潮流のせいか波が高い

西から東の流れで速度は3kn台に落ちる

出航時間が遅かったので5kn平均で順調にいっても17:00到着

しかし今のペースでは、到着する頃には暗くなってしまう

初めての港なので、夜の入港は避けたい

もう、うかうかしていられない

船首を西から北へ、佐多岬にぶつかるコースをとり潮流を横切る




フネの方向を変えたことで、正面から受けていた潮流は横からとなり6kn台に速度を上げる

そのまま鹿児島側の陸地に近づけば、今度は連れ潮でフネを押してくれる反流が期待できる

本船が多く3回ほどタックしてやり過ごす
P9120080

陸地が近付き西へタックすると、波と風がぶつかり合い波が悪いけど、思惑通り連れ潮に乗って7〜8knで快走
P9120050

鹿児島湾に入りタック、アビームで6〜7knの帆走
P9120068

P9120067

後半の追い上げで、予定より早い16:30に山川港へ到着

今回係留する予定である警戒船の桟橋が判らず、空いている岸壁に2回ほど仮着けし確認
P9120079

17:00予定の警戒船の浮き桟橋へ横付け完了
P9130082

8時間20分 47マイルでした
しかし、係留作業中にボラート横に座っていた高齢の男性が、ここへ停めると一万円の罰金を取られる、と

そこに、「停めるな」と書いてある、というので見たがよくわからない

岸壁の路面にペンキで文字らしき形跡があるものの、全く読めない

地元漁師さんに、ここで良いと確認済みだけど・・・
P9130084

しかし、看板には一時係留は可能とあり、大丈夫と判る
P9130083

すぐ前の恒吉石油で燃料補給、100L 免税価格89.9円と安い

温泉を聞くと、遠いので車で送ってあげると

しかし、バスは早く終わってしまうらしく帰りはタクシーとのこと

結局温泉は止め

歩いて15分ほどのスーパーへ食材の買い出しに

この辺りは夕方になると閉めてしまうところが多いようです
P9120081

明日はお隣、指宿へ向かいます


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ