2日遅れです

9月5日(土) 帰路9日目 トカラ列島宝島―悪石島やすら浜港


朝の漁港を散歩、岸壁下には大きなウツボや青ブダイなど多くいます

今日は、ここ宝島から北30マイル弱の悪石島へ向かいます



名前からして、何かただならぬものを感じさせる

どんなところか興味を引きます


7:30出港、

昨日は冷や冷やで入港した、ここ宝島ですが岸寄りは水深があることが判ったので、今朝は余裕を持って港から出られました

彦坂さんは風邪気味なので、涼しい朝のうちにキャビンで寝てます

ぐっすり寝られるように泊まった民宿ですが、エアコンのカビ臭さが酷くてよく寝られなかったとか

私は全然気づきもしなかったけど

海上は波もあまり無く快適です

前方に薄っすら悪石島が見えてきた
P9050074


黒潮がトカラ列島の中央付近を横切っているせいか、反流や支流など複雑な流れがあり、オリオンも潮の影響で知らぬうちに流されたり

悪石島やすら浜港へ入港

例によって彦坂さんが舳先に立ち、浅瀬をワッチ
P9050006

ここ悪石島の港は今までと違い海が緑色に濁ってます

奥の船溜まりに入ってすぐ右の突堤内側へ係留
P9050011

P9050009

宝島から悪石島まで28マイル 5時間でした
P9050010

ここも人家やひと気が無く寂しい雰囲気です

とにかく平地が極端に少なく、事務所らしい建物が1軒あるだけで人家も人影も見えない

集落は、港から1.7kmほど山を上がった中腹にあり、民宿以外には食品店や飲食店はありません

集落へ向かいましたが、暑いさなかずっと坂道を行くのは結構きつい
P9050012

それにしても、漁港や道路など至る所に夥しい小さな糞?・・・何だこれ?
P9050052 (2)

ようやく、集落へ着くとお爺さんを見かけ、いろいろ島の様子など伺う

島民は78人位と多くはありませんが、最近はTVなどでよく紹介されるせいかIターンもちょくちょくあるそうです

私達が港まで引き返すことを知ると、車で送ってくれました

どうせ送って頂けるなら、と途中にある温泉へ降ろしてもらうことに
P9050014

坂元さん、有難うございました
P9050020

ここには、砂蒸し温泉、露天風呂、海中温泉、休憩室のある共同浴場といろいろあります

残念なことに海中温泉は満潮のため海に没しており、露天風呂は使われておらず、共同浴場へ入ることに

茶色く濁った温泉で、少々熱め

少し水で薄めて湯船に入る

ウ〜〜ン・・・なんとも心地よい
P9050024

P9050027

風呂場の窓から外を見ると、まさに南国
P9050026

蛇口からは温泉が流れ放し

蛇口を閉めると管が温泉成分で詰まるので、閉めてはいけないそうです
P9050034

そういえば、温泉にるのは7月末、高知県宇佐港以来です

すっかり堪能し、しばし休憩室で扇風機に当たって涼む

ここに泊まりたいくらい
P9050033

この休憩室には温泉施設へ寄付金を納めた人の名札がかかっており、ヨットのオンリーユー号やプレステージ掘▲セアティック、ホワイトドルフィン等見られます
P9050030

次は砂蒸し温泉へ向かいましたが、間違えて遊歩道へ

彦坂さん、ちょっと危ないおじさん風ですが、何せ人っ子一人いないのでスッポンポンでも良さそうなくらい
P9050040

P9050041


ここで、道路じゅうに糞を撒き散らしている張本人を見つけました

家畜として飼われていたヤギが野生化しすごい数に繁殖しているらしいのです
P9050043

家族単位でアチコチで見かけます
P9050055

また、ひたすら坂道を歩いてフネへ帰ると、量から帰った漁船がオリオンの後ろに

釣れた魚を見に行った彦坂さんがメダイを1000円で購入
P9050056

半身を刺身に晩のおかずに
P9050060

明日は時化の予報、すでに台風前の様にブローが入り始めました

もう1日ここ悪石島で過ごします


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ