8月29日(土) 帰路2日目 沖縄県 慶良間諸島座間味島から伊江島へ

今まで陸電のエアコンで快適なキャビンでしたが、マリーナを離れ本来のオリオンになり、流石に暑い!

私のバースは船尾のアフトバースで、風がほとんど通らない

一方、彦坂さんの寝る船首のバウバースは一晩中風が通り寒かったようで、シュラフを被って寝てました

とにかく、常に体がベタベタして、昨夜は一旦寝たものの暑さで目覚めコクピットに出て寝なおしました

やはり、マリーナの快適生活に慣れた体、暫くはペースが戻らないでしょう

今日は、座間味から沖縄本島の西に浮かぶ伊江島へ約40マイルの航程です




6:45 出航
P8290001

海上は南西の追風で、波が若干ありフネがローリングを繰り返すので乗り心地が悪い
P8290007

それでも、往路でずっと続いた真上りを考えれば文句は言えません
P8290010

伊江島が近くなってきた、ツマミ上げたような山、タッチューは伊江島のトレードマークです
P8290016

安定した南の風で速度5ノット平均の帆走で、13:00伊江島の伊江港へ到着
P8290019

左下の座間味島から右上の伊江島へ
P8290020


入港して左奥の浮き桟橋が利用できるという情報でしたが、町の救急医療艇が係留してありスペースがありません

再び港入口へ戻り係留スペースを探すも適当なところが無く、とりあえずフェリー岸壁の隣へ仮舫いし、彦坂さんに確認に行ってもらうことに

仮舫いした岸壁は、まともに波と風が当たり、スチロバールを下げていても今にも手摺りが岸壁に当たりそうで、とても長居はできません

だめもとで、浮き桟橋の救急医療船に横抱きし、確認すると何と横抱き係留OK!いや、ホッとしました
P8290021

泊地、0009の赤十字マーク
PA180022

初上陸の伊江島ですが、道路は歩道付きで住宅街でも広く整備され、フェリー待合所も大きく立派で、島にいる気がしません
P8290025

あまり散策する時間も無いので、シャワーを浴びに民宿「かりゆし」へ(200円)
P8290026

サッパリし海風の吹く町を散策すると、歩道の付いた道路が広く整備され、家々も赤瓦の古民家が見当たりません

わずか6日間で日本軍約2000人、村民約1500人が戦死したという伊江島

古民家も全て焼き尽くされてしまったのでしょうか

こんなところにも戦禍の激しさを感じます

海の家風のお店で「ぜんざい」(かき氷)を食し、ついでに沖縄焼そばで夕食

食後は、ブンタン下元さんから聞いていた、「アー二ー・パイル」の記念碑へ
P8290032

通りを歩いていると時折家々の上に姿を見せるタッチュー
P8290037

時間があればタッチューの麓に行ってみたかったけど、陽も傾き始めて引き返す

次に来たときは、登ってみよう
P8290035

民家の生け垣にバナナ
P8290041



ところで、以前沖縄に到着翌日に朝日新聞の取材のことをブログに書きました

朝日新聞、月曜日の朝刊に「Reライフ」という欄があり、明後日31日のReライフでは「ヨット一人旅」を取上げるそうです

私もリタイア後ヨットを楽しむものとして、まだまだ未熟ですが取材に協力させて頂きました

しかし、31日にオリオンは沖永良部島に入る予定です

沖縄は朝日新聞を購入するのが困難らしいので、沖永良部で入手できるかどうか・・・

幸い、取材して頂いた朝日新聞記者のIさんがデジカメで撮ったものをメールして頂けるそうなので楽しみにしています


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ