沖縄クルーズ3日目 勝浦滞在

前日の予報では終日まとまった雨でしたが風は8mほどだったので、串本の大島港へ行くことに

出発前にペラの様子を見るため潜ってみると、思ったより海藻が巻きついてました

ビデオカメラで確認した時は、それほど影響は無いように見えましたが・・・

6:00出港、しかし勝浦の湾を出た辺り、ラジオから報じる天気予報では大雨が半端無いようで、波浪注意報も出ている

携帯で海快晴の予報を見ると、大雨の上に11mの強風・・・

そうしている間にも風が上がってきた

もう行く気が無くなってしまい、居心地のよい勝浦港へUターン

7:30、もとの場所へ舫い直し、もう一日様子を見ることにしました

いつもは、朝の天気予報をチェックして出港するのですが、少しでも先へと少々焦りました(汗)

キャビンでは2日前の新聞を見ながら朝食を取ったり、ごそごそしているうちに辺りが夕方のように薄暗くなり外灯が灯りがした

雨も本降りになり強風もあって締め切りのキャビンは蒸し暑い
P7220003

整備や内部整理など体を動かすと、たちまち汗が吹き出し窓が曇ってきますが、じっとしていれば気温は高くないので汗もかかず意外と楽です

わざわざ、発電機を出してエアコンを使うほどではない、というか発電機を出すのが面倒くさいだけなのですが・・・

ビミニとドジャーのおかげで、コンパニオンハッチを開けていられるのが有り難い

11:00 雨風が収まってきたので、十割蕎麦の森本屋へ

つきだしはいつものマグロ
P7220001

P7220002

喋る相手もいないので、食べ終わるとすぐ店を出る

先ほどまで収まっていた強風が一段と強くなり傘が壊れそうです

今朝、強行せずに引き返しておいて良かった・・・

フネに戻り暫くすると、地元漁師らしき人が来て「ここは台風のとき自分の船をいつも留めているので、空けてほしい」と・・・

高圧的では無いけど、いきなりそう言われても・・・

天候も悪いし、すぐに移動できる状態では無いので明日移動するということに

明日も雨ですが、海快晴の予報では風は8mほど、しかしラジオでは海上の風はやや強く、と報じているし波が2,5mと高い(後で見たら1,6mになってました)・・・潮岬を越えられるかどうか

潮岬を越えられれば田辺YH,、翌日は和歌山シティマリーナへ避港という手もある

しかし、瀬戸内の弓削島で避港している同じクラブのびーぐる長江さんから、和歌山シティマリーナは台風避泊地として漁船と契約しており、漁船優先でヨットは断られるかもしれないと・・・

う〜ん、串本の大島港は台風避泊に良いところらしいけど、漁船がかなり集まりそうだし・・・

ビーグルの長江さんも今回のクルージングは、五島や瀬戸内など同じ場所で10日間もの避泊を複数経験し航海中も苦労の連続だったようです

異常に台風の多い今年、これから沖縄へ行くのは無理なのでは?と言われ自信もぐらつきます・・・

そういえば、勝浦に1艇いた千葉のヨットも、沖縄へ行き台風の発生に大急ぎで逃げてきたと・・・

進むことばかり考えてましたが、ここは一旦、賀田漁港や九木港へ戻る方が良いかもしれません

30マイルと近いし追風で楽に移動できます

そんなことを考えているとき、以前ウエザートップとクルーズに出た時、入港した新宮港の三輪崎ヨットクラブを思い出した
http://blog.livedoor.jp/orionhyodo/archives/51012921.html
4年前に2代目オリオンのカタリナで勝浦に来たとき、お会いした三輪崎ヨットクラブの山本さんの携帯へ連絡

すると、今から来てくれるという

いや〜有り難い!!

久しぶりで再会し、自分のバースが今空いているので、明日待っていますとのこと

ここから1時間ほどの距離で、台風の避泊にも良いそうなので、これ以上の好条件はありません

しかし、2時間ほどすると、山本さんから携帯で連絡があり、すでに漁船のロープが張られておりバースまで入れないと・・・

避泊地がようやく決まったと思ったのに・・・しかし、これ以上山本さんに世話を掛けさせる訳には行きません

明日の朝に天候を調べてから、どうするか決めることにしました


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ