先日からイジリ始めたドジャーですが、アクリル板の接着剤もしっかり固まったので取付けて見ました

やはりアクリルは視界良好
IMG_20150712_105644_742


フィルムも晴れていれば結構見えますが、雨が降ったら最後ぜんぜん見えない

今までのフィルム張りドジャー
P6240050


新しく張ったアクリル板ドジャー
IMG_20150712_105757_770


心配だった曲面は2mm厚ということもあり、無理なく曲がり曲げ加工せずに済みました
IMG_20150712_105739_490

ただ、フィルムは縫付けているので、2cm巾の付けしろですが、接着では2倍の4cm巾のノリシロがあったほうが良かった

フィルムからそのまま型取りしてアクリル板をカットしたのですが、接着する「ノリシロ」が少い部分の引っ張り強度が足りず、一部剥がれてしまいました

一部補修すれば使用には差し支えないと思いますが、半年ほど経た使いかけの接着剤が良くなかったのか、消防ホース裏面のゴムは接着が少し弱いようです

新たに2液の接着剤で補修は完了しましたが、大きな問題が・・・

暑い時に風を入れるため、センター部分はファスナーを開ければフィルムをクルクル巻き上げることができるのですが、アクリルに替えたら跳ね上げればよいと考えてました

しかし、付け根部分が固いのと曲げしろが少ないのが原因で跳ね上げるのは無理と判明

夏のクルージングで風を通せないドジャーは辛いので、どうしてもこれは直したいところです

ということで、また手直しとなりました


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ