先日、屋久島クルーズで使用した衣類やシーツなどの洗濯物や雑多な不要品を取りにフネに行った

キャビンの荷物を出して清掃片付け

昼間、暑かったハーバーも夕方は涼しくなる

コクピットでビールを開け、夕陽に染まる景色を眺めていると気持ち良い
それは初めて訪れた四国や九州の漁港で眺めた夕陽と重なって、今も遠い泊地に自分がいるような気がしてきます

つい、この間までのクルージングは夢の中の出来事のようです(実際、毎晩のように夢に出てきますが。。。)
去年、今年と2回目の1カ月クルーズでしたが、今迄の大型連休10日間クルーズと今回の1ヶ月のクルーズ、この違いは数字以上のきさでく全く別物の楽しさを感じました

具体的に、どこが?と聞かれるとうまく答えられないけど、仕事や家庭などからの解放感は半端無く心からヨット旅を楽しめました、これは10日ほどの連休クルーズでは味わったことの無い感覚でした
実際には35日間という限られた時間の中で心の解放をしただけですが、まだ1カ月の休みに慣れてないので、より強く開放感を味わえたのかも知れません

そうだとすれば、一番楽しめているのは今なのでしょうね
P4260023

航海計画は余裕が少なく、場合によっては目的地の屋久島を断念することも予想していましたが、幸い天候に恵まれ、往路、帰路での足留めはそれぞれ1日ずつで2日間のみ

ほぼ予定通りのクルージングを堪能できました

往路
4月26日 碧南YH出港
4月27日 田辺YH       158マイル
4月28日 日和佐港漁港    43マイル
4月29日     ”   荒天により滞在
4月30日 室津漁港      47マイル
5月 1日 久礼漁港       49マイル
5月 2日 土佐清水漁港   49マイル
5月 3日 沖の島母島漁港 27マイル
5月 4日 細島港       51マイル
5月 5日 油津漁港      62マイル
5月 6日 内之浦漁港    32マイル
5月 7日 種子島西之表漁港 41マイル
5月 8日 屋久島 宮之浦漁港 30マイル (往路589マイル 平均53.5マイル/日)
5月 9日    ”   滞在
5月10日    ”   滞在
5月11日    ”   滞在
5月12日    ”   滞在
帰路
5月13日 内之浦漁港      66マイル
5月14日 油津漁港       31マイル
5月15日 門川漁港       63マイル
5月16日 大入島 さいき・おおにゅう海の駅  61マイル
5月17日 別府 北浜YH    45マイル
5月18日 三机漁港        41マイル
5月19日 松山ほりえ海の駅  42マイル
5月20日 倉橋島アイルマリーン25マイル
5月21日 大崎下島 ゆたか海の駅 31マイル
5月22日 尾道海の駅       26マイル
5月23日 多度津海の駅     32マイル
5月24日 小豆島草壁海の駅  35マイル
5月25日 和歌山マリーナシティ 59マイル
5月26日    ”  荒天のため滞在
5月27日 周参見漁港       55マイル
5月28日 勝浦漁港        39マイル
5月29日 和具漁港        62マイル
5月30日 碧南YH         52マイル (帰路765マイル 平均47,8マイル/日)

往復1354マイル

今回のクルージングで要した費用

〆任眤燭ったのは食費、記録してなかったので、はっきりしませんが領収書のあるものだけで100,381円、実際はもっと多く15万以上いっているか

朝、昼の食事はパンやコンビニのおにぎり等を購入していたので、ご飯を炊いて節約も考えましたが、米やおかず等の費用や炊事手間を考えるとコンビニおにぎりの方が良さそうです
夕食は居酒屋などで済ませることが多く、飲食費がかさみますが、旅の楽しみでもあるので、あまり減らすことはできません

当然、アルコールも減らせない

でも、一人旅なら居酒屋や焼肉屋に一人では寂しいので、後半シングルだった去年は食費は少なく済みました
P5100089

同じくらい多いのが燃料費、クルージング中の給油で588L 89,590円 (うち軽油税18,875円) 但し、出港時、帰港時、満タンにしてないので今回のクルージングに要した燃料とは言えません

実際の使用料は、おおよそ700L弱、走行距離1354マイルでリッター辺り2マイルほどの燃費でした

去年と比べ1日当たりの航行距離が多く、普段2000回転で回してますが、今回は2500回転で回すことが多かったなどで消費が増えました

航海計画にゆとりがあれば、燃料の消費はかなり減ることでしょう

給油店の価格も結構違いが出ました(軽油税込価格)
P4300026

安乗漁港 ダイキュウセキユテン152円(150L給油)  

土佐清水港 襪燭韻誓侈店 144.1円(129L給油) 
(フネの場合、車より割安で販売しているそうです)

油津港 田中石油店 149円(129L給油)

倉橋島 アイルマリーン 180円(90L給油)  
(マリーナなので当然割高となってます)

小豆島草壁港 ウチノミセキユ 142円(90L給油)桟橋使用料97円(小豆島は何故か燃料が安い)

合計588L 

ゆとりのある航海計画と、安い燃料店での給油である程度の節約が出来るでしょう

でも、一番燃料費を押し上げたのは免税軽油の申請をしてなかったことでしょうか

過去に一度、申請して券をもらいましたが、そのときは出港を断念し、ほとんどお返ししたことがあり、申請には少し消極的になってました

もし申請を済ませていれば、今回だけでも18,875円払わずに済みました、次回はもちろん申請するつもりです
P5010017

その他、レンタカー、船具、薬、衣料品などで約25,000円

し故曳颪良要な泊地利用 7日間 15,070円

と、いうことで正確じゃないけど、35日間でおよそ270,000円位、1日当たり約7700円、1カ月約23万円ほど

節約も考えましたが、あの楽しさを考えたらこれで良かったと思います
屋久島クルーズは充分お値打ちに遊ぶことができました

次回は何とか2カ月間くらい、ゆっくり回りたいなあ。。。

P5100075




日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ