2014年5月29日  晴れ 紀伊勝浦港→志摩町・和具港 62マイル



5:00市場見物、ここは冷凍されてない生の鮪が水揚げされます
P5290002


見てると一つのフネで500本以上のビンナガ鮪が揚がり丁寧に並べているが、数の出ないカツオや安いカジキなどは無造作に陽当たり近いところへ

P5290004

P5290005


6:00市場前の食堂で朝食後、7:00出港 
P5290011


海上は12kt真向いの風、機帆走2500回転でも6ktがやっと

1週間前にアイルマリーンに係留中、潜って船底掃除したけど、海藻はすぐに付いてしまったし。。。

やはり船底塗装が効いてないと、速度が出ず燃料食いそう

広い海上では私も玉城さんも、ついウトウト
P5290009


そんな眠気を覚ますイルカの群れが沖合に現れた!
イルカ


紀宝町過ぎて10マイルほど沖合、かろうじて左端にチョコット写ってました

弱いけど安定した風でジブセールを出し、機帆走6,3kt

九鬼の沖合へくると、雀のような小鳥がフネの周りを飛び回り、やがて手摺りに止まり羽を休めだした
P5290018

また、飛び立っては虫を追いかけ、フネへ戻ってくる

山の鳥のようだけど、虫を追ってこんな沖合に出てしまったのか

そのうちにキャビンへ入ってしまったので、外からポートを開けてやったが出てこないまま姿が見えなくなってしまった
P5290020

どうなってしまったのか気にかかる、知らないうちに飛び立ったのならいいけど

お昼は、三日前に和歌山マリーナシティで買った柿の葉寿司

買ったものの、食いそびれ昨日が賞味期限だけど冷蔵庫へ入れたので、大丈夫だろうと開けると真空パックではなく、柿の葉で包んだだけの寿司

まあ、大丈夫だろうと食す、しかし酢が効きすぎたのかサバも鯛も鮭も皆同じ味です

17:00和具港へ到着

いつもの市場左の岸壁はスペースが少し狭い、槍付けの準備をしてると、運良く市場右に係留していたボートが出たので、こちらへ横付け

P5290024


いつもの、竹生で一風呂浴び、これまたいつもの加奈へ

P5290025


相変わらず繁盛してますが、地元の常連さんが多く雰囲気が良いです

アワビのぶつ切り、水アワビはすごいボリューム(写真を忘れた。。)

地元の料理をと、言うと隣の客が教えてくれた、カツオの血あいのたたき
P5290026


カツオの血あいをニンニク、生姜、ネギ、味噌などと一緒にたたきにした「なめろう」でした
P5290027

何故かこれは無料だそうで、聞いたら普段捨ててしまうものだからと

おばちゃんの、こんな心意気が、お客を引き付けるのでしょう

口に入れると。。。これは美味い!ご飯にもお酒にも合いそう

と、いうことで今日も日本酒で、ふらふらしつつフネへ帰るのでした。。。


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ