2014年5月21日  晴れ  倉橋島アイルマリーン→御手洗→ゆたか海の駅 (一日遅れでUPしてます)



昨夜、夕方から真夜中まで強風が吹き荒れましたが、一夜明けると気持ち良く晴れわたり、湖のような海面に朝日が差し込みます

ここは日本?それともカナダ?(行ったこと無いけど。。。)
P5210001

ここで、燃料を90L補給
P5210006

アイルマリーンはマリーナの裏山に滝が流れ、そこから引きこんだ水は名水といわれ、かつては日本海軍の軍艦がここへ水の補給に立ち寄ったほどです
P5210004

そんな環境もあってか、海の透明度は素晴らしく去年ここで陸電のアダプターを海へ落としたのですが、水中マスクを付けると水深9mの海底に黄色いアダプターが見え、簡単に回収できました
P5210010

きれいな海を見ているうちに、船底掃除とハルのジンク取付けをする気になりました

3mmのスーツを付け船底を掃除しましたが、フジツボなどは完無でハルについた藻の掃除だけで済みました

ジンクは脱着のボルトが結構浸食されており、水中での作業が難しそうだったのでパス

シャワーで温まり、7:30出港

毎日、穏やかなクルーズが続いてます
P5200026

島々の間を通り、昨日見られなかった潜水隊の潜水艦などを艦艇見物

去年は、怒られそうであまり近付かなかったけど、今回はぐっと奥まで入り込み潜水艦に近付きました
P5210020

潜水艦の上では、乗員らしき人が何人も作業してます

一回りすると音戸の瀬戸を抜け、大崎下島の御手洗へ
P5210014

音戸の瀬戸は逆潮で2500回転5kt、後ろから来ていたパージ船はヨットの足の遅さを警戒してか瀬戸入口で待機してる様子
P5210025

順調に瀬戸を進むうち、前方のブラインドカーブから突然、高速船が現れ警笛を鳴らして、あっという間に近付いてきた

一応右端を通っているので、慌てる必要はないけど、狭い瀬戸で突然のすれ違いはやはり焦る

無事に狭い瀬戸を抜けると、一面のどかな海上が広がる

日差しが強く、トレーナーを脱ぎTシャツに着替えるとビールの出番です
P5210032

プシュッ!。。グビグビ。。。プハ〜最高!
P5210038


10:30連れ潮に乗って7,0〜7,8ktで順調に船足を伸ばし、13:00大崎下島の御手洗のポンツーンへ
P5210026


フェリー用のポンツーンですが、左側ならOKとのこと
P5210044


ポンツーンすぐ前にある、やたら無愛想(実際はそうではなかった)な親父の飯屋へ

昼食後、よく保存された御手洗の古い集落を散策
P5210043


よく整備されて綺麗ですが、どちらかというと手つかずの自然な集落を想像してました
P5210046

P5210051


舫いを解き、1マイルほど先の、ゆたか海の駅へ

到着すると既に先着艇が3艇、フェンダーは先ほど御手洗で係留した状態のままなので、スターン付けです
P5210063


幸い風も流れも無く、先着艇の方達のお手伝いもあって無事係留完了 有難うございました

それにしても、桟橋が短く26Fくらいのサイズです

先着艇は西宮の「ゴンベ掘廛好ぅ溝膩織ッターリグの?それと愛知のJOANNA

JOANNAはどこかで聞いた名前でしたが、何と明日オリオンに乗り込むウエザートップ彦坂さんと懇意の方で三谷漁港に係留する伊藤さんでした

さっそく、オリオンのコクピットで一杯、伊藤さんは8回も瀬戸内海を巡られ詳しい情報なども有り難かったのですが、それより伊藤さん持参の清酒「千代むすび」が美味しい。。。
P5210059


ビールや焼酎も出て、このまま続けたかったのですが、頼んでおいた海の駅のシャワーと食事の時間もあり、6時過ぎお開きに
P5210060


今日も良い一日でした。。。。

海の駅のシャワー(500円)は宿泊施設の部屋のユニットバスなので、そのままお風呂も入れます

食事は7時に閉ってしまうのと、宿泊客と一緒なので早めに申込んだほうが良さそうです

トイレはフェリー待合所の中なので、発着が終わると使用できません、朝は6時30分位には開きます

日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ