2014年5月9日 晴れのち曇り  屋久島宮之浦港滞在

朝起きると、まず係留場所を替える

今の係留場所は作業船が係留する場合があり、フネを離れられない

と、いうことで昨夜出港した大型モーターヨットのあとへケッジアンカーを打って横付け係留

明後日、日曜日は強風の予報なのでアンカー打ちはしておきたいのです

これで一安心

今日は紀元杉と屋久杉ランドをまわります

それと、家内が夕方ころ飛行機で屋久島へ来ることになりました

港では天気が良くても山は雨が多く、雲がかかっていることも多い、雨具など用意して、いざ出発!

係留地のすぐ近くの屋久島観光センターで、私と玉城さん其々リュックを購入し荷物を詰める

それと路線バス1日乗り放題券2,000円也を購入

昼の弁当も購入しようと思ったら、どこも販売してなく10分ほど歩いた弁当屋さんへ

しかし、ここは予約注文してないと購入できない、仕方なく昼飯抜きのトレッキングに

合庁前で乗換えたバスは、高度をどんどん上げてゆきます

車窓から眺める風景は、これからのトレッキングを十分に期待させます
P5090002

P5090004


車窓からは、猿の姿も
P5090017


途中乗り込む人もなく、乗客はトレッキング目的などの4人だけ

そのまま1時間ほど乗降客の無いまま終点の紀元杉へ

バス停からすぐの道路際にある紀元杉、杉はすごいけど道路際ということもあってか、あまりインパクトがない。。。
P5090015


再びバスに乗り屋久杉ランドへ

ここの散策コースは所要時間でいろいろあり、最長の150分コースを選択
P5090038


だんだんと道も険しく、入り組んだ木の根や、アップダウンで疲れますが、だんだんと奥に進むにつれ今迄見たことのない世界が広がります
P5090014


湿度が高くとても蒸し暑いですが、温度は低く休憩すると、すぐ汗が引き寒くなる
P5090046


空洞になった杉の中は広く4〜5人も入れそう
P5090053

P5090055


ほぼ予定通りの時間で、もとのバス停へ戻る

お腹が空いたのでリュックの中の唯一の食糧、ビーフジャーキーを昼食代りに玉城さんとチビチビ交互に食べていると、同じバスを待つ関西から来られた若い女性が見かねてチョコレートを恵んでくれました

山を散策中、鹿や猿はあちこちで多く見られますが、人が近くにいても無視しています

なかには餌をねだって離れない鹿も、安易に餌を与えられてしまったようです

ダニがいるので鹿を撫でたりしないようにとのことです

P5090063


帰路のバスは3人だけの貸し切り状態、関西の女性からいろいろ情報など聞きつつバスは下界へ

バスを乗り換え、宮之浦港へ向かっていると、家内から屋久島の空港へ着き、これからタクシーでオリオンへ向かうとの連絡
P5090069


弁当屋で明日の昼食弁当を3人分予約し、宮之内港へ向かって歩いていると通り過ぎたタクシーが止まり家内が降りてきた
P5090072


家内は開口一番「2人組のホームレスと思った」と、たしかに黒く日焼けして髭も伸びてるけど・・・

そのタクシーでフネへ戻った後、3人で風呂へ

そして家内を交え居酒屋「潮騒」へ
P5090073


中々良いお店で、人気店らしく地元客で満席でした
P5090076


明日は、ジブリアニメのもののけ姫で知られた白谷雲水峡へ向かいます


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ