2013/9/22

22日(日)晴れ

ここで、さらに南下するグリーンセーリングとはお別れ

マミワンとオリオンの2艇はUターンし安乗へ行く予定でしたが。。。

波切から安乗まで9マイルと近く時間もまだ早いので、英虞湾の入り口にある黒森へ寄り道し、昼食は志摩町の和具港でとることに

マミワンの森田さんも艇を置きオリオンへ同乗、仲間6人でワイワイ賑やかに出港〜
P9220109


それにしても、出発前の予報は終日雨天、カッパ着用のクルーズを覚悟をしていたのに、ナント朝から爽やかな秋晴れ!!   

ホント天候に恵まれてる〜(゚∀゚)アヒャヒャ 
P9220102


布施田水道手前で沖出しするコースを取り、大王崎を越えるとあの広大な定置網を示す竹竿が見えてきます

竹竿の外側を回り込み、布施田水道へ

しばらく進み水道が終わろうとする頃、右手に和具漁港の入口を示す赤灯台が見えてくる

ここで、失敗!

予定では、そのまま英虞湾へ進むはずだったのに、私の頭から英虞湾は何処かへ飛んでしまい、と言うかいつもの癖というか、まるで加奈に吸い込まれるように和具港へ

いつもの係留場所はイケスが浮いていたので、誰も居ない市場前へ着岸

上陸すると誰ともなく「。。。英虞湾へ行くはずだったけど。。。」と言われ初めて自分のウッカリに気付いた・・・

アッチャ〜!。。。やってしまった〜!!
P9220095


時間は10:30、昼食にはまだ早いけど、すでに上陸してしまったので結局そのまま町へ。。。
皆さん、済みません。。。

加奈は、まだ開店前でしたが、店にはオバちゃんが居た

相変わらずお元気、威勢の良さは80過ぎには見えない

今晩も、お店は貸切だそうで相変わらず繁盛してます

ウチはアカンけど、すぐそこの寿司屋でテコネ寿司でも食べヤア、と加奈のオバちゃん

言われたように、すぐそこの寿司やで「てこね寿司」を頂く
P9220098


昼食が済むと再び波切へ戻り、マミワンと2艇つるんで今日の泊地安乗へ
P9220115

P9220111

P9220113

P9220129


安乗といっても、いつもの安乗港には入りません

そのまま通り過ぎて一つ目の入江へ

入口は、これ大丈夫?と思わせる狭さですが水深は大丈夫、ずんずん進み小さな集落へ

今夜の宿、憩山荘という民宿旅館で専用の桟橋があります
http://keizanso.ryotenya.jp

波一つ無い入江の桟橋で御主人が迎えてくれ、舫いを取って迎えてくれました

どうです?緑に囲まれた山の湖のようなこの入江、なかなかの雰囲気でしょう
P9230154


何回となく来ていた安乗漁港のすぐお隣に、こんな隠れ里のような泊地があったなんて

でも、筏のような桟橋は組んだ丸太が出っ張っているので、スチロバールか滴型の大きなフェンダーが必要です

一日一組限定というだけあって、貸切の宿はとても落着けます

驚いたのは、料理の良さ! 一泊1万円はとてもお値打ち
P9220145

P9220144


P9220134


P9220148


P9220146


他にも多数の料理が出たのに、飲み過ぎて撮り忘れる

そして全ての料理を見ることなく撃沈(泣)。。。(毎度のことですけど)
P9220140


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ