昨日はブログ書込み中に眠くなりまして(汗)、神津島出港の続きです

それにしても逆潮が強く波も悪いので、3〜4ノット前後と速度が出ない

舵はオーパイにお任せ、油圧のオーパイでなければ、こうはいかない

スプレーを避けてキャビンに入ると、外の吹きさらしと違い、中はいたって平和。。。少し違和感を感じるほどです

コクピットでじっと我慢している皆をキャビンへと誘うが、彦坂さんを除いて誰も来ず、じっと我慢している

キャビンに入ると船酔いする、と警戒してる?

動画です(見られない場合、グーグルクロームが必要のようです)

ナウティのキャビンは大きな窓から景色が良く見えるので、閉鎖感のある普通のヨットによくあるキャビンに入った時の船酔いの心配がありません

風当たりやスプレー、風切音もなくフネの中心で揺れも少ない、中にいた方が全然楽です

そのうち彦坂さんはキャビンで居眠り

船足は相変わらずで、3時間たっても神津島はすぐ後ろに・・・そして風は徐々に上がってきた
IMG_20130503_165519


それでも少しづつ進み、ようやく島を回り込んだところで進路を西に向けると、風は真上りとなり16m前後、ブローで20mと上ってきた

逆潮で波は悪くなる一方、とうとう速度は1〜2ノットとなってしまった

エンジン2000回転では無理も無いが、乗り始めて日の浅いフネゆえ信頼感も無く癖も判らない

エンジントラブルが怖くて回転を上げる気にならない

恩馳島(おんばせじま)を過ぎれば波も少しは良くなると思い、ひたすら我慢する

しかし、状況は良くなるどころか、波に翻弄され続けたせいかGPSが使用不能になってしまった

この頃にはキャビンを出て、コクピットで操船 体力的には厳しいけど、慣れないうちはコクピットの方が何んとなく安心です

マハロさんを除き、皆キャビンでじっと我慢で会話も無い、と思ったら寝てました 

やっぱり中の方が楽でしょ?

出港して6時間、速度が出ない状態で三重を目指すのは無理と判断、西伊豆へ進路を向けても東へ流されるので、時間が足らず明るいうちに着けそうもない

ということで、再び神津島三浦港へ戻ることに決定

フネを神津島へ向けると、それまでがウソのように速度はグングン上昇

動画です



フネが少し安定した機に、もう一度GPSを点検・・・よく判らない

でもGPSの裏に詰め込んだAISの機器や配線が何か怪しく、これを全て取外し再起動すると

やった!GPS復活!!良かった〜〜

動画です


しかし島に近づくにつれ再び波は悪くなり、益々大きく崩れる

そして後方を見ると、それまでと違う白く泡立った大きな波が近づいてくる

見ている間に盛り上がった波がドバ〜ッとトランサムを乗り越えてきた!!

コクピットは一気にプールになり、一部はキャビンにも! 撮る余裕もなく写真はありません

あわてて、コンパニオンハッチを閉めたけど、これほど悪くて大きい波の海域は初めてです

18:00無事に三浦港へ入港

あれほど翻弄された波も強風も、港に入ると嘘のような静かさにヤレヤレと安堵

行き6時間、帰り2時間!! 疲れた〜

今まで係留していた丸島前の突堤は他艇がいたので、朝イカをくれた漁師のSさんに携帯で係留場所のことなどお尋ねしたところ、何んとバイクに乗ってきてくれました

繋留もおわり、近くのお風呂を聞くと、近くのキャンプ場にある風呂に入れるよう話を付けて頂きました

何せ、皆朝から散々スプレーを浴びているので、これは何より有難い!

歩いて10分ほどのキャンプ場の風呂は5〜6人くらいは入れそう

ビールなどの自販機もあります(写真を忘れました)

そしてフネに帰り、マッタリ

無念の退却でしたが、安堵の酒もまた格別なのでした

IMG_20130503_203211



日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ