2012/8/26

久しぶりに福江港沖のテトラへ潜りにゆきました 

スキューバではなく、3点セット(マスク、シュノーケル、足ヒレ)に海パンでの素潜り

玉城さんと三谷YHを7:00出航

風が弱く、機走  速度が上がるにつれ乾いた風が吹き抜け気持ち良い

ビールを開けたいところだけど、潜る前は我慢我慢・・・

10:00テトラ前にアンカリング ここへ潜るのも久しぶりだ
伊川津テトラ


テトラには渡船で釣り人がいることが多いので、そんなときは誰もいないテトラへ向かうのだが、何故かどのテトラにも釣り人がいない

復刻版 スクーナー 
P1000329

水深3m〜5m透明度が悪いが水温は底でもそれほど冷たくはない

でも、久しぶりなので息が続かない

潜るのはテトラの周辺の2〜3mの捨石、しかし苦潮が出たのか貝類が皆死んでる  魚も少ない

どうりで、釣り人がいないわけだ

辛うじて刺身サイズのアイナメとタコを仕留め、ついでに船底を軽く掃除
P1000326

フネへ上がり、シャワーを浴びてコクピットへ出ると風が気持ち良い

海から上がって呑むビールもうまい! 

一息入れたあとは、昼食をとるため佐久島へ
P1000330

東港へ行くと、岸壁は既にヨットボートで一杯、ここは早い時間に来ないと中々係留できない

仕方なく、東港を出て島の北側にある入ケ浦港へ入ると、丁度1艇分のスペースがあり槍付け係留
P1000333


陸へ上がると、いや〜暑い! 日陰を求めて狭い集落の道を通る
P1000338


佐久島を出て、三谷YHまでの帰路は、終始南東7m前後の風を受け、心地よいセーリングを楽しめました
P1000342

P1000343


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ