5月6日 晴れ  安乗―帰港

4月28日から始まったGWクルーズもアッというまに最終日、ホームポート蒲郡、三谷ヨットハーバーまでの最終レグです

天気予報では午後3時ころから荒れる予報ですが、ホームポートまで約35マイル、荒れる前に何とかハーバーへ逃込めそう

(機走中のオリオン ウエザートップさん提供)
1-3 2012_0506ヨットクルーズ0019


出港するも相変わらずの微風、ウエザートップと2艇、機走で神島西のコースを取ります
(前を行くウエザートップ)
P5060413

後ろから同じハーバー仲間のグリーンセーリング(ヤマハ30CRS)も近づいて、3艇でハーバーを目指します

グリーンセーリングはお隣、波切漁港に入っていたと後で知りました

暫らくすると北西風が出てきたので、オリオンだけ神島の東に進路を落としセーリングに切替え

しかし、風は長続きせず、再び機帆走に

伊良子水道も難無く抜け、三河湾へ  

ここまで来ると「ただいま〜」という感じです

(神島を後ろに見る)
P5060418


渥美半島沿いには風力発電が何機もならんでいるだけあって、湾口から陸に沿って湾奥に向かうコースに入ると今日も15〜18ktと良い風です
P5060421

アビームからクローズリーチで快いセーリングを堪能
P5060426

しかし、佐久島が近付く頃から徐々に厚い雲に薄暗くなり、風、雨とも激しくなってきた

午前11時過ぎ、ガンネルが海面近くまでヒールしはじめ、メインをワンポンに縮帆し再び快走

シングルラインのリーフシステムはイイね〜楽だし安全

お昼近くには、30ノット近い強風、急な風の上がり方に不安を覚え、急遽ジブセール巻取り

P5060436

クローズリーチの風、ワンポンメインのみで7ノット前後で帆走するも、波と雷雨と強風で辛い状態・・・・

予報では海が荒れだすのは、午後3時ごろだったのに・・・・

海上はますます荒れ出し30〜35ノット、一旦風上に切れ上がると、風下側フルロックまで舵を切っても、フネは風上に向かって突き進み進路が中々戻らない

P5060449

それでも、ジブセールを巻き取ってあるので、クローズリーチに落とし気味で帆走れば、わりと安定しており、ラット片手にカメラで動画を取る

(動画ですが、揺れて良い写りではありません)

(良く見ると、玉城さんのハーネスラインがライフラインに・・・これはNGです、良い子は真似しちゃダメ!)

西浦の手前0,5マイル辺りから、強風は35〜40ktとピークをむかえウエザートップは形原港へ避港

さすがに躁船しながら撮影する余裕はない(イイ絵が撮れたのに・・・(笑))

大島に近づく頃、ようやく風もピークを過ぎ、1:40 ヘロヘロになりながらも無事ハーバーへ帰港

あとで、和具からラグーナに向かったユリに乗る、森上さんに聞いたところ、強風と雷雨に加えて、ひょうまで降ってきたそうで

あれで竜巻など出たりしたら大変

いつも連休クルーズ帰りには、優しく迎えてくれる三河湾ですが、今回は何故かこっぴどくやられました

でも、この強風も今年のGWクルーズ締めくくりの良いスパイス

仲間と飲むとき、良い酒の肴になることでしょう

玉城さん、市川さん、お疲れ様です、9日間お付合い頂き有難うございました
P5060469


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ <br>

    </div>
    <div id=