2012・4・18

以前、端切れ屋さんで購入した布地でエアフェンダーのカバーを作り、2年使用しました
http://blog.livedoor.jp/orionhyodo/archives/50835648.html

しかしこれは生地の選択が悪かったようで、1年足らずで黒い生地はグレーに退色

強度の落ちたカバーは2年足らずでズタズタになってしまった

端切れ屋さんで買った生地は、紫外線に弱かったようです

一方、ひさしなど屋外のテントに使用するタ―ポリン生地で作ったスチロバールのカバーは、漁港での厳しい使い方にも拘らず、びくともしてないhttp://blog.livedoor.jp/orionhyodo/archives/50744426.html
スチロバール*2


そこで、軽量化と縫製のしやすさを計るため、さらに薄手のタ―ポリンを使用してエアフェンダーのカバーを作ってみました
P7310156

作りは、海苔巻の様に筒状に縫い、フェンダーの上部の丸みに合わせて絞り込むように縫うだけ

切り口は、ほつれないので、そのまま切りっぱなしで良く制作も楽です

手間をかけない分、見た目はイマイチですが実用本位です
P4150156



カバーと関係ないけど、フェンダー上部のロープを通す穴のところにある小さなフック

海に出ると、フェンダーのロープは外さずに、このフックをライフラインに引掛けるだけ

フェンダー下部はガンネル辺りの高さで納まっているので、よほどのヒールでなければ引きずることもない

素早い入港準備ができるので、シングルでは重宝してます


日本ブログ村の、ブログランキングに参加中です。 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ