正月休み最後の5日、穏やかな天候ということで佐久島へ行ってきました

9:00、玉城さんとツーハンドで出航

P1050134


昨日の強風の波が少々残るものの、北西8ktほどの風を受け一路、佐久島へ

天気も良く、陽射しも温かく感じられるものの、風は冷たいので私はスキーウエア上下とネックウオーマーで防寒対策

でも風はクローズホールド、ドジャーの後ろにいれば、そんなに寒くはないのです

海上は漁船も釣り船の姿も無く静か、漁師さんもまだお正月でしょうか

今年初セーリングの玉城さんとコクピットで乾杯、冬でもやっぱりビール(発泡酒ですが)

12:15 佐久島着 いつもの東港のプレジャー用の岸壁ではなく、島の北側にある入ヶ浦港へ

ここは、港の入口より東方に暗岩があり、キールを当てるヨットもあり要注意です

西寄りは浅瀬があるので、沖合いから西浦を背に真っすぐ進入します
P1050139


漁港内では、箱眼鏡でナマコを採っている老夫婦の小舟が3艇

P1050142


とても小さな漁港で、緑に囲まれとても雰囲気が良く、私の好きな漁港のひとつです

しかし去年からヨットが付けられなくなったという噂を聞いてたので、もしやと思いましたがが、居合わせた漁師さんに話しかけると、快く了解を頂き一安心

毎回係留する荷揚げスペースですが、どうやら平日以外なら大丈夫そうです

P1050140


係留を済ませ、岸壁を歩きながら2~3mの浅い海底を眺めると、ばら撒いた様にナマコが見える

ナマコを分けてほしくなり、漁師さんにそれとなく話してみましたが、ナマコ採りが忙しいのか分けてはもらえません・・・う~ん残念

集落の細い路地を通っていつもの食堂へ行く途中には、こんなレトロなお店も

P1050145


歪んで見えるガラスのはまった建具は、子供の頃の駄菓子屋そのまま

島の食堂では関東煮(串に刺したオデンです)子エビの唐揚げで一杯

ゆっくりしたいところですが、夕方になると寒さも厳しくなります

13:35 佐久島をあとにしました

帰路は風も少々上がり、白波も混じる海況ですがクオータリーで6~7ノットの帆走は寒さも忘れる快感です

P1050150


15:50 ハーバーへ到着

久し振りに充実したディクルーズ、楽しい一日でした



日本ブログ村ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ