トイレ用ACの冷却改良をしようと、資材をもってキャビンに入ると中は熱気ムンムン、まさに温室状態です

風を入れ作業をしようにも、温度38度、湿度75%では体が持たない

幸い、空は快晴、ほど良い風も吹いているので、とりあえずフネをだしました

西浦温泉の後方から積乱雲がモクモク  いよいよ夏も本番です

P7160126


海上は南のほど良い風があり、気持ち良く滑りますが、先日の豪雨によって、海は水溜りのような茶色、ゴミも所々に・・・

P7160121


午後5時すぎハーバーへ帰り、風が心地よいコクピットで昼食を兼ねた夕食です

おかずは二ギスの煮付け

海上で昼食にしようと、セーリング中用意したのですが、ビールが旨いので手付かずでした

新鮮な二ギス、5匹100円、海辺は魚が安くて有難い
 
食後もコクピットで、雑誌など眺めつつ暫しマッタリ・・・

陽も落ちたところで、トイレ用ACの冷却改良を始めました

もともとトイレのロータンクの水を取り込み、循環させ放熱させるものですが、それだと繰り返しの循環で冷却水の温度が上がり、効率が悪くなります

だから、海水を冷却に使い効率を上げようという算段なのですが・・・・

ギャレー排水の掃除口にプッシングで20mmの口径を13mmにサイズダウンし、ホース取付金具のタケノコを取付け

P7170128


取付けたホースを床下から通して、AC横に置いた5Lポリタンへ取付け、給水ポンプセット

掃除口のバルブを開くと海水がポリタンに溜まり、AC内で冷媒から放熱を受けた冷却水はビルジ溜りから海へ戻されます

しかし、このポリタンは仮設で、オーバーフロー対策は取っていません

これで調子が良ければ、塩ビパイプで作るつもり

P7170127


ハッチを全て締め切り、掃除口のバルブを少量開け、スイッチオン

数時間連続運転をしてみましたが、やはり船内温度は変わらず、湿度が5%下がっただけでした

先日、テストした時より暑いせいか、あまり快適になりません

風に当たっている部分は冷えますが、それ以外はムシムシベタベタ、キャビン内を少し動くと汗が出ます

いっそのこと船内のトイレに設置し、暑くなったらトイレへ逃げ込むというのはどうか

それなら、ハッチを開けて風を入れた方が、よほど快適か。。。

やはり家庭用エアコンかマリンエアコンでないと無理なようでした



日本ブログ村ランキング参加中です。応援クリックお願いします。にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ