外部のニス塗りは、見栄えする半面、手入れが大変ということもあり、ニス塗り派と塗らない派?と分かれるようです

オリオンでは、ニス塗りをした後は、この定期的な作業がずっと続いてます
一度、塗ることを選択してしまうと、簡単には止められません


今年春に下塗りを終えたまま、なかなか良い晴天に恵まれず、薄めに塗った1回目のニスが、心なしかハゲてきたように見え始め、少々焦ってました

それでも、梅雨の晴れ間を利用して、ようやく2回目のニス塗りを終えました

今回使用してるのはスクーナートロピカルという商品

P7070120


作業が楽な1液タイプですが、当然2液タイプより耐久性は劣ります

今迄はセトールマリンという商品を使ってましたが、去年使いきってしまっていた

これは艶はあまり出ませんが、対候性が強く、作業も楽だったので、またこれを買うつもりでした

しかし、お店で注文するとき、どうしても名前が思い出せず、仕方なく1液の外部用ニスで注文

届いたのが、このスクーナートロピカルでした

1回目は薄めて塗り、以降はそのまま薄めずに塗る

P6240166


これはニスというだけあって、セトールマリンに比べ艶も良く乾きも早いので、塗るだけなら作業は楽ですが、何となく劣化も早そうな感じ・・・・

今回は2回目の塗装なので、薄めずに塗ったが、ポッテリと厚い塗膜は劣化が早そうに見えてしまう

それに塗膜は硬そうで、劣化したときサンドペーパーで古いニスを落とすのは大変そうです

ついつい重ね塗りに慎重になってしまいます

今はきれいですが、来年にはボロボロになってしまうだろうか、作業は大変だろうかと・・・・今から心配し過ぎでしょうか


日本ブログ村ランキング参加中です。応援クリックお願いします。にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ