GWクルーズでご一緒したブログ仲間の弥栄(イオロス26)http://blog.goo.ne.jp/iyasaka_2009 のIさんから、先日嬉しいお誘いを頂きました

ヨットデザイナー、横山先生http://www.ichiroyokoyama.com/が弥栄にお見えになるので、御一緒にどうです?

こんな機会はめったにない、ということで玉城さんと伺うことに


先週と打って変わり、今週は晴天と風に恵まれた日曜日

オリオンへ寄り、防寒用の上着とライフジャケットを持って弥栄のホームポート、ラグーナへ

Iさんへ案内されポンツ―ンに係留された弥栄へ向かいます
P5300210


途中、自販機でお茶を購入、しかしすぐ横にはビールの自販機が・・・

海へくると、玉城さんも私も、反射的に体がビールを欲します   しかし我慢、我慢・・・・


初めて見る弥栄は、切立ったステム、2スプレッダーを持つ高いマスト、バウ付近の細身のハル、とレース音痴の私の目にも速いフネであることを感じさせます

26fらしからぬボリュームを感じさせる高い乾舷とドッグハウスは、余裕あるキャビン空間にも寄与しているようです

横山先生がみえると、早速、ブームから抜けてしまったリーフラインの挿入を先生の指示で(というか、主に先生が作業されてましたが・・)復旧します
P5300216ラグーナ

イオロスの生みの親、横山先生から作業中も色々興味深いお話をうかがいつつ

作業を終えると、いよいよ出港!

海上は、やや強めの南東7〜8m/s ちらほら白波も

セールアップし風を受けると、それまで向い波に派手なパンチングを受けていた弥栄が滑り出したが、それは水を得た魚のように、なめらか!!  
P5300230

う〜ん見違えるようです

当たり前の話でしょうけど、やっぱりヨットはヒールして帆走らせるように出来ているんですね〜〜

私も舵を取らして頂きましたが、久し振りのティラーにおっとっと!!

うっかりすると、舵を左右反対方向に切ってしまいます
P5300224bb

舵は素直で少々オーバーヒールしても、安定しているので不安感がありません

それにしても速い〜!!

クルージング艇のカタリナとでは当然比較になりません

午後2時、三谷YHへ一時係留
P5300223bb

水越ヨットの水越さんも合流し、食事を囲んで興味深いお話は尽きることがありません

帰途のついでに、オリオンの気になるマストも見て頂き、色々貴重なご意見を頂けたのは、予想外の有難い出来事でした

いつもは、ビール飲みながら湾内を流すディクルーズを繰り返してますが、今週の日曜日は、そのビールも断ち一日を有意義に過ごすことが出来ました

横山先生、Iさん、中々得ることのできない機会を頂き、どうも有難うございました


日本ブログ村ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村