先日無くしたアンカーの代わりとして、ダウンフォース型10kgをアンカーローラーにセットし、双綱を試してみた

シングルで佐久島 東港へ行き、スターンからアンカーを打ち岸壁へ槍付けした

双綱は12mm、7mのものをアンカーのクラウン(頭部)のアイに付けた1mのロープに、カラビナで結束した

( 普段アンカーローラーにアンカーを収納しているとき、このクラウンにつけた1mのロープをパルピットにクラブヒッチで留め、アンカーの脱落防止に利用している )

P8230203アンカー
投錨する際、アンカーに絡まないよう双をステンの針金でチェーンに軽く留め、弛まないようにした

針金だから、双綱を引けば簡単に外れる

双綱の端末はアンカーロープに貫通させてワッカにした結束バンドに結んだ

アンカーレッコすると、双綱が絡むこともなく投錨成功

翌朝、抜描開始

アンカーロープを手繰っていくと、やがて双綱が出てきた

アンカーロープから双綱に持ち替えて引くと、アンカーは簡単に抜け・・・ない!

??アンカーの真上から、いくら双綱を引いても、びくともしない

海底の何かに引っ掛っている様子はなく、泥にしっかり食込んでいるのは間違いない

昨夜は一晩中強い北西風だったせいか、しっかり食い込んでしまっている

それにしても簡単に揚がるはずの双綱だったのに、どこか間違っていたのか・・・


結局、ロープをスターンにクリ―トし、アスターンを強くかけ何とかアンカーが抜けた

海面から上がってきたアンカーには、いつもベッタリ付着する泥は付いておらず、洗ったようにきれいだった

アンカーロープのみで抜描すると、アンカーが起きたときに海底の泥をすくい取るはずだが、双綱とアンカーロープを一緒に引いたせいか・・・


双綱を引くより、アンカーロープを引き、普通に引上げた方がテコが利いて楽なのだろうか?

次回、風のないときに色々試してしてみよう・・・・

(その後、要領もわかり抜錨も楽に行え、今は常に双綱を利用してます)

日本ブログ村ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ